「魚を肴に 日本酒ナイト水族館」仙台うみの杜水族館で開催

2020年9月30日 あとなび

仙台うみの杜水族館では、「魚を肴に 日本酒ナイト水族館」を2020年10月24日(土)に開催します。

酒蔵を飲んで応援

「魚を肴に 日本酒ナイト水族館」は、東日本大震災の復興支援企画として誕生したイベントです。

今回は、コロナ禍において飲食需要の落ち込みの影響を受けた酒蔵を「飲んで応援」し、地域を元気づけるイベントとして特別開催します。

宮城県を代表する港町「気仙沼・石巻・塩竃」から5つの酒蔵と、特別出展で蔵王から1つの蔵元が参加いたします。

地元でしか味わえない特別なお酒や幻のお酒など、水族館の魚を肴に日本酒が楽しめる日本酒好きな人にぴったりのイベントです。

 

今回の開催では、「気仙沼・石巻・塩竃」から5蔵と、特別出展で蔵王から1蔵が集結します。

気仙沼からは「角星」と「男山本店」、石巻からは「平孝酒造」、塩竃からは「佐浦」と「阿部勘酒造」、蔵王からは「蔵王酒造株式会社」が集まり、各蔵自慢の銘酒、秘蔵酒を振る舞います。

当日は、酒蔵自らがお酒を振る舞い、日本酒の魅力を伝えます。

日程:2020年10月24日(土)
時間:18:30~21:30(最終入館21:00)
受付開始:17:50
対象:20歳以上飲んで蔵を応援できる方
※アルコール販売がありますので、20歳未満の方のご入館はご遠慮願います。
料金:前売券3,600円(税込)
(入館券+オリジナルフェイスシールド+試飲チケット2枚)
※当日券の販売はございません。
※年間パスポートでのご入館はできません。
試飲追加チケット(当日会場で販売いたします)
4杯セット:1,000円(税込)
1杯:300円(税込)
升盛お刺身(オリジナル升付き):1,000円(税込)※当日販売

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-