ニホンイシガメの解説コーナーを須磨海浜水族園が新設

2020年8月18日 あとなび

神戸市立須磨海浜水族園が、「ニホンイシガメ解説コーナー」を2020年8月18日(火)より新設します。

絶滅危機の日本固有種「ニホンイシガメ」

須磨海浜水族園では、これまでサメに襲われたウミガメを保護するなどの活動を実施してきました。

その一環として、日本固有種の「ニホンイシガメ」の生態や環境について学ぶ「ニホンイシガメ解説コーナー」を2020年8月18日(火)より新設します。

ニホンイシガメの生息環境は近年、アメリカからやってきた外来種ミシシッピアカミミガメの分布拡大などで脅かされています。

元来身近であった日本固有種のニホンイシガメはその数を減らし、絶滅の瀕しています。

「ニホンイシガメ解説コーナー」では、ニホンイシガメの生息する環境を再現した水槽の展示や、解説コーナー前の池でも展示。

春夏秋冬の生活の有様に加えて、絶滅の危機に瀕している現状についても学べるパネル展示も行います。

ニホンイシガメ解説コーナー
展示期間:2020年8月18日(火)~
展示場所:世界のさかな館 身近な生きものたちコーナー内
※生物の状態により、予告なく展示を中止、展示期間を変更する場合がございます。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-