コツメカワウソの赤ちゃんがサンシャイン水族館に誕生

2021年2月28日 あとなび

サンシャイン水族館に、コツメカワウソの赤ちゃんが2021年2月1日(月)、誕生しました。

コツメカワウソ3姉妹が誕生

コツメカワウソの仲良し夫婦「マハロ」と「ラジャ」に赤ちゃんが誕生。

父親のラジャは、2015年6月5日マレーシアの動物園生まれの5才で、臆病で慎重派。

母親のマハロは、2014年8月7日サンシャイン水族館生まれの6才で、やんちゃで好奇心旺盛。

2頭は、2018年春より「カワウソたちの水辺」水槽にて同居展示開始後、すぐに仲良くなり、2018年10月に初めての赤ちゃん「もみじ」が誕生しました。

今回は2021年2月1日夜に5頭が誕生し、うち2頭が死亡。

元気に育った3頭は全てメスで、名前は未定です。

現在は母仔ともに元気で、安定した育仔環境のもと、赤ちゃんたちは順調に育っています。

仲良しマハロ・ラジャ夫婦はしっかりと仔育てを行っており、屋外エリア・マリンガーデン「カワウソたちの水辺」水槽でその様子を見ることができます。

出産時のエピソード&喜びのコメント

サンシャイン水族館飼育スタッフ

今回は仔宝に恵まれて5頭の仔を出産しました。もみじ出産時はマハロがつきっきりで仔育てしていて、ラジャは蚊帳の外でしたが、今回の出産ではマハロが仔から離れる時はラジャが仔育てを代わってあげたり、仔を温めるために抱き寄せて一緒に寝たり、両親で協力して仔育てしています。また、授乳中のマハロにエサの魚を運んで食べさせるなど、両親仲睦まじい姿なども見られました。これまでの育仔経験から夫婦の絆も強まり、仲良く協力して仔育てをおこなっていますので、温かく見守ってください。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-, ,