本家ディズニーランド「白雪姫の恐ろしい冒険」が「Snow White’s Enchanted Wish」にリニューアル

2020年12月23日 あとなび

カリフォルニア ディズニーランドが、アトラクション「白雪姫の恐ろしい冒険」のリニューアル詳細を発表しました。

オープン65年でリニューアル

「白雪姫と七人のこびと」は、東京ディズニーランドでもお馴染みの『白雪姫』をテーマにしたアトラクションです。

カリフォルニア ディズニーランドでは、1955年の開園当初から存在するアトラクションでしたが、1983年からは「白雪姫の恐ろしい冒険」(Snow White’s Scary Adventures)というタイトルになりました。

そして2020年に大規模リニューアルが決定していましたが、臨時休園が長引き、再開の見込みが立たないことから、『白雪姫』プレミア公開記念日に合わせてリニューアル内容が公開されました。

白雪姫のオーディオアニマトロニクスも追加

これまで、ゲストが白雪姫の視点になって『白雪姫』の物語をたどるコンセプトだったため、白雪姫はほとんど出てこず、怖いシーンが多いアトラクションとなっていました。

今回「白雪姫の魔法の願い」(Snow White’s Enchanted Wish)というタイトルに変更され、新たな技術で映画の世界を体験できるようになる上、白雪姫の登場シーンも追加されました。

©︎Disney
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。