USJが環境省「みんなで減らそうレジ袋チャレンジ」特別賞を受賞

2020年12月9日 あとなび

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、2020年12月9日(水)、環境省主催の 「みんなで減らそうレジ袋チャレンジ」キャンペーンにおいて、「特別賞」を受賞しました。

エンターテイメントの力を活用し特別賞を受賞

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、2020年9月24日(木)、コカ・コーラ社と共同で、プラスチック資源循環利用の可能性を啓発するためのイベント「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン×コカ・コーラ リサイクルStudy Togetherイベント」を開催しました。

このイベントでは、パーク内で実際に回収されたコカ・コーラのPETボトルから作られたオリジナルデザインのエコバッグを主題に、そのリサイクル過程をエンターテイナーたちの歌や踊りで、エンターテイメント色豊かに表現しました。

環境省主催の 「みんなで減らそうレジ袋チャレンジ」キャンペーンは、「レジ袋を1週間つかわない人を6割に!」を目標に、サポーター企業・自治体・団体を、「レジ袋チャレンジ・サポーター」として募集したもの。

合同会社ユー・エス・ジェイは、エンターテイメントの力を活用した独自性の高い表現と、それによる幅広い層への意識啓発に努めたことが特別に評価され、最優秀賞の特別賞を受賞しました。

表彰式にビデオレターで参加したJ.L.ボニエ社長CEOは、「このような名誉ある賞を頂戴し、光栄に思います。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、ゲストのみなさまに非日常と没入感の高い体験を提供することで、日々のストレスから解放され、明日への活力や希望を持てるようなエンターテイメントを提供しつづけます。それにとどまらず、社会の一員として、社会全体をも活気づけることのできる貢献活動にも取り組んでまいります。特に、環境問題については、急務課題とし、今後もエンターテイメントの力を活用し、積極的に取り組んでまいります。」と、受賞への喜びと今後の展望を語りました。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。