USJ「マリオカート ~クッパの挑戦状~」製作6年 最新ライドの詳細が明らかに

2020年11月30日 あとなび

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、「スーパー・ニンテンドー・ワールド」のオープン日を2021年2月4日(木)と発表。

メインアトラクション「マリオカート ~クッパの挑戦状~」の内容が明らかになりました。

AR・マッピング・特殊効果・舞台セットが融合

スーパー・ニンテンドー・ワールドの目玉となるのが、「マリオカート ~クッパの挑戦状~」です。

世界で大人気の「マリオカート」がライドアトラクションになります。

1台4人乗りのカートで約5分間のライド。

アトラクションにはAR、プロジェクションマッピング、スクリーン投影映像など、数々の世界最新鋭の映像技術を投入します。

そこにスチームなどの特殊効果、舞台セットとしてコース上に再現された歴代のゲームの名シーンが精巧に組み合わさり、現実世界に「マリオカート」の世界が生み出されます。

任天堂株式会社代表取締役フェローの宮本茂氏をはじめ、任天堂のクリエイティブチームとユニバーサル・スタジオ・ジャパンが、6年越しの思いを込めて送り出す、まさに“世界初の「マリオカート」体験”です。 

マリオたちとの白熱レース

ゲストはゲームで慣れ親しんだ「マリオカート」に実際に乗り込み、ハンドルを握って、夢に見たレースのスタートを迎えます。

ドリフト&スピンしながらコースを滑走するゲストの真横を、マリオやルイージたちのカートがすり抜けていく白熱のレース展開に、ゲストはゲームの世界に入り込んだことを実感できます。

レース中は、ゲスト自身でアイテムボックスからゲットしたこうらを投げて敵を撃退、マリオやピーチ姫とともに一位の座を競ってコースを突き進みます。

ある時は勝ったり、ある時は負けたりと、乗るたびに体験が変わり、誰もが等身大で楽しめる全く新しい「マリオカート」体験です。

マリオカート ~クッパの挑戦状~
形式:ライド・アトラクション
体験時間:約5分
定員:4名(1台あたり)
身長制限:122cm以上 ※付き添い者同伴の場合は92cm以上

クッパ城からライド乗り場へ

「マリオカート ~クッパの挑戦状~」の入り口は、「スーパー・ニンテンドー・ワールド」のシンボルであるクッパ城です。

石造りの壁で囲まれた荘厳な雰囲気のクッパ城には、トゲトゲしく尖った鉄柵や、厚く重々しい鋼鉄の扉、そして、訪れた人に威圧感さえ与える巨大なクッパの石像が中央に飾られた大階段など、独特の重厚感あふれる造りでゲームの世界を忠実に再現。

城内の最深部にアトラクションが待ち構えています。

トーマス・ギャラティ(ユニバーサル・クリエイティブ/エグゼクティブ・プロデューサー)のコメント

クッパ城の奥深くには、あの1億5000万本以上を売り上げた大人気シリーズ「マリオカート」の世界を再現すべく任天堂とユニバーサル・スタジオのクリエイティブチームがタッグを組んだ、『マリオカート ~クッパの挑戦状~』があります。ゲストはヘッドセットをつけて、限界のない興奮とスリルを味わいながら、コースを駆け抜けることになります。

© Nintendo.
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-