テーマパーク・遊園地
動物園・水族館
TOPIC
ABOUT

バイク型コースター 富士急「ZOKKON」とディズニー「トロン」の違い

2023年6月10日 あとなび

富士急ハイランドに、大型コースター「ZOKKON」が、2023年7月20日(木)にオープンします。

バイク型コースターということで、上海ディズニーランドの「トロン・ライトサイクル・パワーラン」と比較する声も多いコースター。ライド形状を見比べてみましょう。

富士急初のバイク型コースター

「ZOKKON(ぞっこん)」は、富士急ハイランド初登場のバイク型コースター。バイク型のライドに乗り込んでハンドルを握りしめ、右に左に駆け巡り、全身で風を感じる“爽快MAXコースター”です。

2名×7列の14名乗りライドで、リニアランチ方式による4回の加速や、旋回、逆走などが楽しめます。

関連記事

ディズニーパーク最速「トロン・ライトサイクル・ラン」

上海ディズニーランドでは2016年の開園当初から、バイク型コースター「トロン・ライトサイクル・パワーラン」がオープン。フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのマジックキングダムには「トロン・ライトサイクル・ラン」として2023年4月4日にオープンしました。

映画『トロン』『トロン:レガシー』をテーマにした、トゥモローランドのアトラクションで、最高スピードは約95km/hと世界のディズニーパークのコースターで最速を誇ります。

広告

ライドの違いは?

「ZOKKON」と「トロン・ライトサイクル・ラン」は、どちらもバイク型コースター。1編成2名×7列で、14名乗りも共通しています。また、ライドが光るのも共通した特徴です。

「トロン・ライトサイクル・ラン」は、スタートからリニアで一気に加速し駆け抜けます。コースは屋内からスタートし、一気に屋外エリアへ、さらに屋内エリアに再突入していきます。

「ZOKKON」もリニア加速で、途中にトンネルを通過するコースも。加速は途中で3回あり、逆走シーンもあります。

ZOKKONメタリックブックマーカーwith富士山

大きな違いは、座り方。「トロン・ライトサイクル・ラン」は、前傾姿勢で乗車し、上半身をライドに預ける形になります。セーフティバーが背中を抑えてくることが特徴です。

一方「ZOKKON」は、公式サイトで公開されているライド写真を見ると、セーフティバーが体の前にあり腰を抑える形です。通常のジェットコースターと同様の形式で、座ってコースターを楽しみます。

鈴鹿サーキットにもバイク型コースター

日本では、鈴鹿サーキットにもバイク型コースターアトラクションがあります。2020年3月1日(日)にオープンした「GPレーサーズ」。日本初のバイク型コースターです。

「ZOKKON」が2名×7列の編成なのに対し、「GPレーサーズ」はタンデム型の2人乗りライドです。縦2人乗りのライドながら、レールが2本走っており、隣のライドとレースをしている気分が楽しめます。

「GPレーサーズ」は、背中側にセーフティバーがある形式です。コースは巻き上げ式で、最高部から一気に落ち、最高約50km/hの速さで駆け抜けます。

 

3つとも異なるライド型でそれぞれの特徴を持ったバイク型コースターです。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

関連記事

富士急 バイク型コースター「ZOKKON(ぞっこん)」7/20オープン

フロリダディズニー新コースター「トロン・ライトサイクル・ラン」4/4オープン

“世界に誇るジェットコースター”「ヴィーナスGP」が復活 姫路セントラルパークに移設オープン

最新記事

八景島を舞台に「あつ森」リアル体験 コラボイベントが3年ぶり開催

2024/04/14

ハーモニーランド「シナモロールの青空楽団」「nakayoku birthday プリンセスキティ号」 6/18公演終了

2024/04/13

ダッフィー&フレンズがキャッスルョーやグリーティング 香港ディズニーランドでスペシャルイベント

2024/04/13

ピクシーホロウに入り込める TDSファンタジースプリングス「ティンカーベル」グッズ

2024/04/13

ディズニーランド・パリ、第2パークを「ディズニー・アドベンチャー・ワールド」に改名

2024/04/13