かつて、よみうりランドで世界最高のジャズが聴けた? – よみうりランド・オープンシアター「EAST」

2020年10月11日 いぬ

よみうりランドにはオープンシアター「EAST」という野外音楽堂がありました。現在ではイベント用の更地になっていますが、2013年までは営業していたので、覚えている方も多いと思います。ここでは様々なライブが行われてきました。中でも特筆すべきは、1983年から1992年まで開催されていた「伝説」のジャズフェスティバル、ライブ・アンダー・ザ・スカイでしょう。

ジャズ界には「伝説」がありすぎて、もはやこの言葉はとても陳腐に聞こえるのですが、これはホンモノの部類だと思っています(笑)ジャズをちょっと知っている方ならわかると思いますが、マイルス・デイヴィス、ソニー・ロリンズ、ハービー・ハンコック(!)といったジャズ界の巨人たちが、よみうりランドの園内でバチバチに熱い演奏を繰り広げていた、すごい時代があったのです。

映像も残っています。個人的に一押しなのは、1990年にこのイベントの為に結成されたSELECT LIVE SPECIAL BANDのSpainの熱演です。脂の乗り切ったメンバーによる「向かう所敵なし」の演奏と、数年前に亡くなってしまったアル・ジャロウの必殺・レインボー・ボイス(ちょっと笑ってしまいますが)にめちゃめちゃ感動します。映像もあるので、ぜひ、探してみてください。うっすらと、できたてほやほやのバンデットも映っています。

そんな数々の名演が行われてきたオープンシアター「EAST」は、2013年5月、キャラクターショーで幕を閉じたそうです。残念ながら、私はここでライブ演奏をみたことがないのです。一度で良かったので、涼しくなってきた9月の夕方から夜にかけて、薄れていくバンデットのシルエットをバックにいい演奏を聴きながら、ビール飲んでごろ寝してみたかったです。

おまけ

クラムボンのライブもとてもいいです。優しい色の空に映えるホワイト・キャニオン・・・

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。