スター・ウォーズの宇宙船に泊まるイマーシブホテル「スター・ウォーズ:ギャラクティック・スタークルーザー」オープン

2022年3月1日 あとなび

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに、「スター・ウォーズ:ギャラクティック・スタークルーザー」が、2022年3月1日、オープンしました。

宇宙船に乗り込み『スター・ウォーズ』銀河の船旅へ

「スター・ウォーズ:ギャラクティック・スタークルーザー」は、ディズニー・ハリウッド・スタジオの隣にオープンした、新しいディズニーホテル。2泊3日の宿泊体験で、1部屋4,809ドル(約55万円)からという、本格的な体験型ホテルです。

ディズニー・ハリウッド・スタジオ付近のギャラクティック・スタークルーザー・ターミナルに到着したゲストは、チェックインを済ませ、ローンチポッドに乗り込みます。頭上の窓からは、はるか上空に達したポッドがハイパースペースへジャンプし、宇宙を航海する豪華スタークルーザー「ハルシオン」へ向かう様子が見えます。

関連記事

豪華な宇宙船「ハルシオン」

ハルシオンは、一流のサービスと一風変わった目的地で知られるスタークルーザー。約300年前、コレリアのミレニアム・ファルコンと同じ造船所で作られました。そのデザインは、レイアが率いた「タナヴィーIV」や、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場したドライデン・ヴォスのヨット「ファースト・ライト」の美しい機体からインスピレーションを得ています。

ハルシオンは、長い歴史の中で、「ハイ・リパブリック」でジェダイとパダワンが乗船したり、帝国と交戦したり、ハットのカジノクルーズになったりと、幾人もの手に渡り使用されてきました。新共和国成立後には、ハン・ソロとレイア・オーガナが新婚旅行でハルシオンに乗船しました。

ゲストが乗船するのは、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」と同じ、『最後のジェダイ』と『スカイウォーカーの夜明け』の間の時代。シャンドリラ・スターライン社が運行するスタークルーザーで、シャンドリラからバトゥーへの航海へと旅立ちます。

自分の行動で銀河の運命が変わるインタラクティブな体験

ポッドがスタークルーザーにドッキングしてエアロックが開くと、ゲストはまずハルシオンのメインデッキであるアトリウムに案内されます。ハルシオンの旅では、船のクルーやその他の乗客、スター・ウォーズの人気キャラクターたちが現れ、2泊3日のインタラクティブなストーリーを体験することができます。強さとカリスマ性を備えたキャプテン、ガッツあふれるメカニック、レジスタンスの英雄など船内で出会う面々はゲストの仲間となり、ゲスト一人ひとりの旅を導いてくれます。

広告

宇宙の景色が見られる客室

ゲストが宿泊するキャビンには、すべての部屋に宇宙が見える窓がついています。旅が進むにつれて、宇宙の景色も変わっていく様子を見ることができます。寝るときは、窓を閉じることも可能です。客室には冷蔵庫やシャワーなども揃っており、宇宙船での暮らしを体験できます。ベッドや宇宙船らしい2段ベッドも用意。スイートルームもあります。

ライトセーバー訓練やサバックを体験

ハルシオン船内には、アトリウムやキャビンの他にも、様々な施設があります。ゲストはクルーとの交流やアクティビティを経験することで、「ブリッグ」「カーゴホールド」「エンジニアリングルーム」といった普段立ち入れない場所にもアクセスできるようになります。

「ライトセーバー・トレーニング・ポッド」では、ルーク・スカイウォーカーのように、ライトセーバーの扱い方の訓練を受けることができます。「ブリッジ」では、武器やシールドなどのシステム、操作方法について学びます。そして、「サブライトラウンジ 」では、サバックで遊ぶことができます。

広告

スマホアプリで情報を整理

他にも、船内を探検していると、秘密の話し合いや隠しスペースを見つけられるかもしれません。得られた情報や体験は、スマホの「プレイ・ディズニー・パークス」アプリで確認し、より深い情報にアクセスしていけます。

旅の中で出会えるキャラクターたち

ハルシオンには、クルーや乗客がたくさん乗っており、オリジナルのキャラクターから、『スター・ウォーズ』の伝説的なキャラクターまで出会えます。

リヨラ・キーバン(船長)

カリスマ性があり、尊敬され、信頼されているキャプテン。青い肌のヒューマノイドのパントランです。

レンカ・モック(クルーズ・ディレクター)

スタークルーザーの船内にはたくさんの楽しみがあります。船長の右腕として、たくさんのエンターテイメントをゲストに見つけてもらい、それぞれの航海が思い出深いものになるようにすることが彼女の仕事です。

SK-62O

アストロメク・ドロイドSK-62Oは、モクのアシスタント・クルーズ・ディレクターとして、物事がスムーズに時間通りに進むよう管理しています。ゲストにアクティビティのタイミングを教え、一緒に楽しんでくれますが、万が一の時にも頼りになるでしょう。

サミー

新入りのメカニックであるサミーは、熱意と気さくな人柄からクルーやゲストからも人気を博しています。彼は有名な船で自分の力を証明したいという気持ちが強く、仕事がうまくいっているよう見繕っています。

ガヤ

シンガーソングライターのトゥイレックであるガヤは、銀河系のスーパースター。ハルシオンでは、クラウン・オブ・コレリア・ダイニングルームで、パワフルな歌声と独特の音楽を披露し、航海の目玉となっています。歌をよく聞くと、彼女が乗船した本当の理由がわかるかもしれません。

レイテ・コール

ガイヤのマネージャーであるレイテは、彼女が望むものを、どんな手を使っても手に入れるのが仕事です。口達者な彼は、ガヤのためなら制限区域に現れることもあります。

ウァンニィ

クラウン・オブ・コレリア・ダイニングルームでガヤの伴奏を務めるローディアンの音楽家。ハット語を話しますが、親しみやすい性格で、オフタイムには船内を探索し、新たな人間関係を築いてくれます。

サンドロ・アリマンダー

トグルータのサンドロは、ミュージシャンを目指しており、憧れのスーパースター、ガヤを一目見ようと宇宙船に乗り込みます。アトリウムで演奏している様子を見ることができ、一緒に歌を歌うこともできます。彼の目的はガヤに認められることですが、航海のなかで新たな目標を見つけるかもしれません。

D3-O9

D3-O9は、ビデオ画面で見ることのできる、おしゃべりなドロイドです。主な仕事は船の物流を管理することで、航海中に船内で起きていることをすべて把握しています。彼女の一番の楽しみは乗客と話をすること。何世紀も前にチャンドリラ・スター・ラインの創設者によって任命されたD3は、船の歴史、そして銀河系全体の進化を見てきており、自分の知識や意見を乗客に教えてくれます。

サージャ

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』では、「ウィルズの守護者」が守っていたジェダイの神殿が、帝国によって破壊されました。ウィルズの守護者は銀河系に散らばりながらも、フォースの知識を守り続けました。サージャはその子孫として、スタークルーザーでライトセーバーの技を伝えています。サージャはジェダイではありませんが、フォースを感じ取ることができ、ルーク・スカイウォーカーが使用したようなトレーニングポッドを使い、古代のライトセーバーの技を伝授しています。

チューバッカ

伝説のウーキー族の戦士チューイは、いつも、困っている友人を助けるために必要なことは何でもします。彼はバトゥーではミレニアム・ファルコンを修理に出しています。

レイ

レイはレジスタンスの英雄として、バトゥーを含むアウター・リムの惑星で仲間を募っています。ファースト・オーダーから乗客を守るため、そしてレジスタンスに役立つ情報を得るために宇宙船に乗り込みます。

カイロ・レン

ファースト・オーダーの最高指導者。カイロ・レンは、レジスタンスを根絶やしにすることを決意し、レジスタンスの最も重要な人物の一人、レイを常に探しています。

ハーマン・クロイ(ファースト・オーダー中尉)

野心的で威圧的なクロイ中尉は、スタークルーザーの各寄港地でレジスタンスの活動が盛んなことに注目し、船内にレジスタンスが潜んでいると見ています。彼はそのその正体を暴くことで、教団内での地位を高めようとしています。

グラヴ・タリス(ファースト・オーダー大佐)

タリス大佐は、ファースト・オーダーのハックス将軍の直属の部下。銀河からレジスタンスとその支持者を排除することを目的とし、任務と義務を非常に重視しています。タリスは部下に、秩序で知られる規律正しく冷酷な効率で任務を遂行することを要求し、最高指導者カイロ・レンがそれを期待しています。

ストームトルーパー

真っ白な装甲でひと目でわかるファースト・オーダーの歩兵。クロイ中尉の指揮の下、宇宙船の乗組員や乗客にレジスタンスの工作員がいるとの報告を受け、調査のために乗船しています。

広告

テーマパークに出かけるアクティビティも

2日目には、ハルシオンは目的地であるバトゥーに到着します。ゲストは、ハルシオンからトランスポートシャトルに乗り込み、バトゥーのドッキング・ベイ3に降り立ちます。

ディズニー・ハリウッド・スタジオに2019年オープンした「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、アウター・リムの惑星バトゥーを舞台にしています。このエリアと「スター・ウォーズ:ギャラクティック・スタークルーザー」は同時並行で企画されており、互いに連携したストーリーを楽しめます。エリアで展開される物語に、ハルシオンでの経験が加わり、より重層的なストーリーを体験できます。

バトゥーのブラック・スパイア・アウトポストは、ファースト・オーダーの目から逃れたい犯罪者や賞金稼ぎたちが集う町です。この地に降り立ったゲストは、「プレイ・ディズニー・パークス」アプリを使い、ハルシオン船内で出会ったキャラクターからメッセージを受け取ります。アプリを用いてシステムをハッキングしたり、メッセージのやり取りをすることで、ハルシオンに戻った際にキャラクターからの評判が上がったり、新たなストーリーが与えられたりします。

ゲストは「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」のアトラクション「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」と「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」に1回ずつ乗車することができます。また、ドッキング・ベイ7での食事や、オーガのカンティーナ、サヴィのワークショップを体験することも可能です。

宇宙のダイニングショーを満喫

ハルシオンの船内には、「クラウン・オブ・コレリア・ダイニング・ルーム」があり、宇宙の食事を楽しめます。この名前は、ハルシオンが建造された惑星コレリアにちなんでいます。日中はこのダイニングで、朝食とランチのブッフェをいただけます。

初日のディナーでは、トゥイレックのスーパースター、ガヤがパフォーマンスを披露。ガヤのパフォーマンスにも、ハルシオンの乗客たちの中で動くストーリーが見えてきます。

2日目のディナーは、各惑星をテーマにした料理が並ぶ「テイスト・アラウンド・ザ・ギャラクシー」コースを提供。火山の惑星ムスタファーのスモークチーズとパン、キノコの森の惑星フェルーシアのブルーシュリンプ、ウーキーの故郷の惑星キャッシークのビーフやシーフードが食べられます。

また、アトリウムに隣接する「サブライトラウンジ」では、銀河系のワインやカクテルを飲みながら、乗客同士で交流できます。

広告

乗客になりきれるグッズ

「シャンドリラ・コレクション」では、アパレルやアクセサリーなど最新のギャラクシー・ファッションを取り揃え、乗客は航海中に着用して、より宇宙の世界を楽しめます。パドメ・アミダラ、レイア・オーガナなどのコスチュームを基にした衣装や、キーバン船長などハルシオンのキャラクターをイメージした衣装も。

また、トゥイレックやトグルータになりきれるヘッドウェアもあり、異星人になりきった航海を楽しめます。他にも、ハルシオンのロゴをあしらった衣装やアクセサリーも。

ライトセーバー・ヒルト&シールドを購入すると、ライトセーバーの訓練がより楽しめます。ヒルト(柄)にはオーラベッシュで文字を入れてカスタマイズが可能。シールドは、ライトとサウンドを搭載し、色を切り替えられます。子供向けのトレーニング用ライトセーバーのおもちゃもあります。

SK-62Oにちなんだドロイドのおもちゃや、サバックが遊べるゲームも船内で購入可能です。

航海の記念グッズ

船内では、ハルシオンのロゴをあしらったアパレルやアクセサリーを販売。グラスや、スタークルーザーのモデルなど、乗船の記念となるお土産が売られています。

2泊3日の航海を終え、ギャラクティック・スタークルーザー・ターミナルに戻ってきたゲストは、地球のショップで「スター・ウォーズ:ギャラクティック・スタークルーザー」のロゴが入ったグッズを購入できます。

©Disney © & TM Lucasfilm Ltd.
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事