USJのVR×ゲームコラボ力が光る「XR WALK」完成度の高さ

2022年1月30日 プーや

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに、「モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK」が、2022年1月21日(金)に先行オープンしました。

「XR WAKL」XRライドとの違い

新たな常設アトラクションとしてオープンした「XR WALK」。その第一弾として登場したのが「モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK」です。

「XR WALK」は、パーク初の“フリーウォーク型VRアトラクション”とされています。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのVRアトラクションでは、「XRライド」が度々登場して人気です。「XRライド」はスペース・ファンタジー・ザ・ライドにVRゴーグルをつけて乗る形式で、ゲストは固定されてレールの上を移動し、それに合わせた映像が流れる形式です。

それに対して「XR WALK」は、VRゴーグルをつけてゲスト自身の足で歩き回る形式。動ける範囲は決まっていますが、ある程度自由に歩き回れます。さらに、「モンスターハンター」では、モンスターと戦うミッションが加わることで、自分の動作とそれに対してVR上で相手の反応があり、より高い没入感が味わえます。

関連記事

8kgのVRセットの軽さ

VRを体験する際に必須なものはゴーグルです。「XRライド」でも、ライドに乗り込んでからゴーグルを付ける動作があり、何度見てもオペレーションが大変そうです。「XR WALK」では、ゲストが歩き回るため、VRを制御する機器もゲストが持ち歩かなければなりません。そのガジェットは1人約8kgあります。

アトラクションでは、プレショーで説明を受けた後、ガジェットを装着する部屋が用意されています。VRゴーグルとボイスチャットに使えるヘッドセット、手の甲につける機器、リュック型の本体を装着します。VRゴーグルは「マリオカート〜クッパの挑戦状〜」で使用されている、頭部のリングを巻いて大きさを調整する仕組みです。

本体はリュック型。かなりコンパクトにまとめられている印象です。他施設の同形式のアトラクションでは、ベスト型などもありますが、「XR WALK」はリュック型なので、体の前面に圧迫感がなく、重さの感覚も軽減されます。装着時は8kgの重さを感じますが、VR世界に入ると重さを意識することはありません。

2つのシーンでVRらしい体験を実現

「モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK」は、大きく「探索」と「バトル」のシーンに分かれています。

前半は「探索」で、モンスターハンターの世界を実際に歩き回れる、フリーウォーク部分。ここでは細い道を歩いたり、崖を登ったり、いわゆる“VRらしい”コースが待っています。世の中にVRアトラクションが多くない中で、“VRらしい”効果をしっかりした世界観の中で体験できるのは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのコラボ力を感じさせます。

後半は「バトル」。モンスターを相手に、最大4人のチームで戦います。ここでは、事前に選んだ武器を振り回したり、防御姿勢を取ったりして、バトルが楽しめます。アトラクション名を聞いて、ほとんどの人はこちらのシーンを想像するでしょう。その期待に応えるように、大きなモンスターとチームで戦う迫力が味わえます。「探索」シーンでVR世界のチュートリアルが終わっているのも、「バトル」の没入感へのアシストになっています。

広告

VRが飛び道具でないリピート性のある作り込み

「モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK」では、自分のアバターの姿や衣装、そして武器を自分で選べます。最初に配られるQRコードにアバターや武器、名前を登録し、それをVRガジェットに読み込ませることで、VR世界に反映されます。人によってアバターが異なり、名前も表示されるので、チーム内でのメンバーの区別が容易。ボイスチャットが行いやすく、チームプレイ感が増しています。

「XR WALK」は本来は2020年オープン予定でした。延期となった2年の間に開発されたのが、スコア確認システムです。プレイ後にQRコードにアクセスすることで、自分のスコアや、アバターの写真が確認可能です。

スコアは「バトル」の成績だけでなく、「探索」シーンのスコアもあります。「探索」シーンでは、アイテム採集ができ、この採集数がスコアとなり、採集図鑑も確認できます。基本的に同ルートの「探索」シーンはリピーターに飽きられそうですが、ここにスコア要素が加わることで、何度も体験したくなるシーンになっています。

「バトル」では攻撃や防御によりスコアが増えていきますが、プレイスタイルにより「チャージヒッター」「スリンガー使い」といった称号が与えられます。スコア確認ページではチームメンバー全員の集合ショットと称号が確認でき、それぞれのプレイスタイルを見られるのも特徴。さらに、選んだ武器によって操作や効果も変わるため、チーム内での分担を考える作戦が立てられます。

VRを飛び道具としたアトラクションではなく、何度も体験できるよう考えられた作り込みです。

「モンハン」以降もゲームコラボへ

モンスターハンターは「XR WALK」の第1弾という位置付けで、既に延長の可能性も示唆されていますが、2022年8月28日(日)までの予定。その後は別のコンテンツに切り替わり「XR WALK」としてアトラクション運営が行われます。やはり「バトル」シーンが重要となるため、今後もゲームを中心にコラボするとのこと。「モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK」は第1弾とは思えないほど完成度の高いコラボでしたが、チームプレイができるゲームであれば様々な展開が考えられます。

武器を選んでVR世界に反映できるシステムがゲームの自由度を上げており、剣と弓矢と銃といった武器の種類から選択したり、勇者と僧侶と魔法使いといったアバターの役職から選択したりすることも可能でしょう。現在「バトル」シーンでは立ち位置が固定され、基本的に移動ができませんが、移動しながらの戦闘が可能になればさらにゲームの幅は広がります。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの強みを感じさせる新アトラクションです。

モンスターハンターワールド:アイスボーン XR WALK
期間:2022年1月21日(金)~8月28日(日)予定
アトラクション形式:フリーウォーク型VR
場所:XR WALK(ステージ18)
対象:10歳以上かつ身長145cm以上
※小学生以下のお子さまの体験には、緊急時の避難などのため、付き添い者(精神的及び身体的に健康な中学生以上で利用基準を満たす方)の同伴が必要です。ただし、体験中に同伴者が手を引くなど直接サポートはできません
所要時間:約60分(受付 約10分、事前準備 約15分、体験時間 約25分)
※別途待ち時間が発生する場合があります
価格:1,980円〜
© CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. TM & © Universal Studios. All rights reserved.
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-, ,