シーパラにコツメカワウソとハイイロアザラシの赤ちゃん誕生、一般公開

2021年4月17日 あとなび

横浜・八景島シーパラダイスの水族館「アクアミュージアム」では、2021年2月4日(木)にコツメカワウソの赤ちゃんが5頭誕生。

2021年3月19日(金)には、ハイイロアザラシの赤ちゃんが誕生しました。

コツメカワウソの赤ちゃんが4/16デビュー

コツメカワウソの赤ちゃんが2021年2月4日(木)に誕生しました。

赤ちゃんはオスが1頭、メスが4頭の計5頭。   

お母さんの「ムーア」とお父さんの「レラキ」は初めての子育てに奮闘中です。

誕生時わずか70gほどであった体重も、現在は500gを超え、すくすくと成長中です。

コツメカワウソの赤ちゃんは、生後2か月が経ち、現在は一般公開に向けて展示室に出る練習をしており、2021年4月16日(金)10:00にデビューが決定しました。

現在は、お母さんの「ムーア」とお父さんの「レラキ」に連れられ、よちよち歩きながら展示室と寝室を行ったり来たり、展示場内を歩き回ったり、魚を食べる練習なども行っています。

ハイイロアザラシの赤ちゃんが誕生

ハイイロアザラシの赤ちゃんは、2021年3月19日(金)に誕生。

お母さんの「ルーシャ」と一緒に過ごす様子が公開されています。

生まれた頃はクリーム色の毛に覆われていましたが、1週間ほどで抜けはじめ、お母さんの模様に近づいてきました。

現在はお母さんのお乳を飲んでいますが、ハイイロアザラシの赤ちゃんは生まれたときから歯が生えそろっているため、生後約1ヵ月で大人と同じように魚を食べはじめます。

日中はお母さんのそばで寝ていることが多く、仲睦まじい親子の様子を見られます。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-, , ,