フラガール昼の3年ぶり新演目「Kukuna(ククナ) 太陽の光」10/14スタート

2022年10月8日 あとなび

スパリゾートハワイアンズは、新しい昼のポリネシアンショー「Kukuna(ククナ) 太陽の光」を、2022年10月14日(金)から公演します。

太陽が降り注ぐ新ショー

ハワイアンズが、昼のポリネシアンショーを、約3年ぶりに全面リニューアル。さんさんと太陽の光が降り注ぐステージで公演する昼のポリネシアンショーは、明るいテーマの楽曲で構成され、落ち着いた雰囲気の中、じっくり見て楽しむ夜のポリネシアンショーとは趣が異なるショーです。

新しいショーのタイトルは『Kukuna(ククナ) 太陽の光』。「Kukuna(ククナ)」はハワイ語で「太陽の光」という意味です。

関連記事

客席から参加できるショーに

今回、初の試みとして、観客が、舞台上のフラガールと一緒に、席に座ったまま踊って楽しめる演出を導入。コロナ禍以前のショーでは、観客が舞台に上がり、フラガールと一緒に踊る体験コーナーがありましたが、感染防止対策のため全面中止となり、現在も復活できていません。そんな中、フラガールたちが、お客さまと一緒に踊り、一体感を感じられる演目を取り入れたいという想いから、今回の演出を発案。新しい時代のハワイアンズならではの、見て楽しむだけでなく、一緒に楽しむことができる、新しい形のポリネシアンショーがはじまります。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事