フラガール第77代ソロダンサーに小林美穂さんを選出

2022年7月11日 あとなび

スパリゾートハワイアンズは、フラガールの第77代ソロダンサーとして小林美穂さんを選出しました。

ワイナニ美穂として7月下旬デビュー

フラガール(正式名称:スパリゾートハワイアンズ・ダンシングチーム)の第77代ソロダンサーとして小林美穂さんが選出されました。

ソロダンサーに授与されるソロネームは「ワイナニ美穂」。ワイナニ(Wai Nani)は、ハワイ語で「美しい水」を意味します。清らかに流れる水のような踊りを披露するソロダンサーをイメージし授与されます。

ソロデビュー公演は、2022年7月下旬を予定。小林の家族や友人も駆けつけ、一般公演以上に華やかさと盛り上がりのある舞台になります。

関連記事

6年間フラガールとして活動しソロデビュー

小林さんは、東京都府中市出身。趣味でフラダンスを習っていた祖母の影響を受け、高校入学後にフラダンス部に入部。顧問の先生の熱心な指導もあり、フラガールズ甲子園で3年連続入賞し、2年生の時に出場した第4回フラガールズ甲子園では、最優秀賞を受賞しました。入賞校によるエキシビジョンショーで、3年連続でスパリゾートハワイアンズのステージで踊ったことが、フラガールを本格的に目指すきっかけとなりました。

高校卒業後は、2016年4月に常磐音楽舞踊学院に第52期生として入学。同年7月14日にデビューをし、入社から約6年間、笑顔で踊り続けてきました。

小林さんコメント

ソロダンサーに選出され、デビューしてから応援し続けてくれた家族、フラダンス部の顧問の先生へ恩返しが出来たと思います。
ショーをより一層盛り上げるソロダンサーになれるよう、責任をもって努めてまいります。
これからも応援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事