DLR・WDW最適なスケジュールを提案&アトラクション待ち時間予測の新サービス「ディズニー・ジーニー」秋スタート

2021年8月22日 あとなび

ディズニーランド・リゾートとウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでは、新サービス「ディズニー・ジーニー」を、2021年秋から導入します。

AIが最適なプランを提案

「ディズニー・ジーニー」は、各リゾートの公式アプリに追加される無料機能。

ディズニーランド・リゾートは「ディズニーランドアプリ」、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは「マイ・ディズニー・エクスペリエンス」に追加されます。

ゲストは、乗りたいアトラクションや観たいショー、行きたいレストランを選択。

するとAIが最適なスケジュールを提案してくれます。

提案されたスケジュールを変更したり、休憩時間を入れたりしても、自動的に新しいスケジュールが提案されます。

また、具体的に乗りたいアトラクションが決まっていない場合でも、プリンセスやピクサー、スター・ウォーズなどキャラクターやスリルライドなど大まかなジャンルの好みを指定することで、これまで行った体験も踏まえておすすめの施設を提案しスケジューリングしてくれます。

おすすめの理由を見たり、提案された内容を変更することも簡単です。

待ち時間予測

自分でスケジュールを決められる人にも「ディズニー・ジーニー」の機能は役立ちます。

従来の公式アプリではアトラクションの待ち時間を確認できますが、新たに未来の待ち時間を予測してくれます。

未来の予測待ち時間を確認して、どの時間帯にアトラクションに乗ると待ち時間が短いかを知ることができます。

もちろん、スケジュールの提案にも予測待ち時間のデータが活用されています。

予約・注文も一括管理

公式アプリで提供されている予約などの管理も「ディズニー・ジーニー」でまとめて管理できます。

「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」など一部アトラクションのバーチャルキューに参加可能。

さらに、レストランの予約、モバイルオーダーの注文集約されます。

また、チャット機能でバーチャルアシスタントにリアルタイムの質問を送ることもできます。

有料「ディズニー・ジーニー・プラス」

「ディズニー・ジーニー」は無料サービスですが、有料サービス「ディズニー・ジーニー・プラス」もスタートします。

有料の「ディズニー・ジーニー・プラス」では、ファストパスに代わる「ライトニング・レーン」が利用可能。

アトラクションの待ち時間を短縮するサービスを有料で受けられます。

米ディズニーがファストパスを廃止、有料サービス「ライトニング・レーン」導入

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。