TDL「ビレッジショップス」9/28オープン 『美女と野獣』新グッズと購入方法

2020年9月19日 あとなび

東京ディズニーランドでは、ディズニー映画『美女と野獣』に登場する村のお店をイメージしたショップ「ビレッジショップス」が2020年9月28日(月)にオープンします。

新ショップで発売される新グッズと、混雑を避けるための入店方法・購入方法をチェックしておきましょう。

3店舗からなる「ビレッジショップス」

「ビレッジショップス」は、ベルが住む村の職人によって作られた装飾品や小物に囲まれながら買い物を楽しむことができるショップです。

このお店は、「ラ・ベル・リブレリー」「リトルタウントレーダー」「ボンジュールギフト」という3つのお店で構成されています。

ラ・ベル・リブレリー

ベルが映画の中で訪れた本屋をモチーフに、本をとるためのはしごやベルが愛読する本など映画のシーンが再現されています。

リトルタウントレーダー

村の職人たちが作った製品を販売するお店というテーマのもと、店内には、手作りのおもちゃやキャンドル、食器などのデコレーションが施されています。

ボンジュールギフト

村一番の技術を持つ仕立て屋が経営する帽子屋というテーマで、洋服や帽子をはじめ、さまざまな服飾や作業道具が飾られています。

新エリアグッズ・『美女と野獣』グッズを展示

「ビレッジショップス」で取り扱うのは、『美女と野獣』がテーマのグッズと、新エリアのオープンを記念したグッズです。

New Dreams,More Fun! 4施設が集合したグッズ

ミッキーを中心に、ミニー、ベル、ベイマックスと、新エリアの4要素が集合した豪華なデザイン。

Tシャツやクリアフォルダーなど定番グッズから、キーチェーンやフィギュアセットなどコレクションしておきたいグッズまで揃っています。

『美女と野獣』の世界観を持ち帰れるグッズ

アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」記念グッズをはじめ、世界観を表現した優雅なグッズや、実用アイテム、さらにガストンのシリーズなど盛り沢山。

グッズ購入はアプリか他店舗で

「ビレッジショップス」では、当面の間、グッズは展示のみで会計は行いません。展示のグッズにはバーコードが表示されており、そこから東京ディズニーリゾート・アプリのオンラインショッピングを利用してグッズを購入できます。

パーク内では、商品によって「ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム」「キングダム・トレジャー」「プラネットM」にて、グッズを購入することができます。また、ボン・ヴォヤージュでも販売を行います。

入店には予約が必要

「ビレッジショップス」の入店には、オンラインでの事前予約が必要です。

来園日の5日前から、事前来店予約システムで予約することができます。予約は1日1ショップ1回。1回の予約で、4名まで入店できます。なお、予約開始日の2020年9月23日(水)のみ11:00から予約開始、2020年9月24日(木)以降は、5日前の0:00から予約することができます。

新商品を扱う他店舗「ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム」「キングダム・トレジャー」「プラネットM」も、同様に事前来店予約が必要なのでご注意ください。ボン・ヴォヤージュは独自の来店予約システムを使用しており、そちらで予約する必要があります。

価格やデザイン、発売日、販売店舗等は予告なく変更になる場合があります。また、品切れや販売終了となる場合があります

©︎Disney

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-, , ,