米ディズニーがファストパスを廃止、有料サービス「ライトニング・レーン」導入

2021年8月22日 あとなび

ディズニーランド・リゾートとウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでは、新サービス「ディズニー・ジーニー」を、2021年秋から導入します。

有料サービス「ディズニー・ジーニー・プラス」では、ファストパスに代わるアトラクション待ち時間短縮サービス「ライトニング・レーン」が利用できます。

ライトニング・レーン(LL)新登場

「ディズニー・ジーニー・プラス」は、ディズニーランド・リゾートが1日20ドル、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートが1日15ドルの有料サービス。

ディズニーランド・リゾートでアプリからファストパスを取得できた有料サービス「ディズニー・マックスパス」を発展させたものです。

従来のディズニー・ファストパスは廃止。

対象アトラクションには、新たに「ライトニング・レーン」という入り口ができます。

「ディズニー・ジーニー・プラス」では、1度に1アトラクションを選択可能。

ホーンテッドマンションやビッグサンダーマウンテンなどの定番アトラクションからミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ランなど最新アトラクションまで、従来のファストパス同様の人気アトラクションが対象になっています。

アプリ上で乗りたいアトラクションと時間を選択し、予約。

時間になると「ライトニング・レーン」からアトラクションを利用できます。

オーディオや写真機能もセット

「ディズニー・ジーニー・プラス」には、ディズニーパークをテーマにしたオーディオ体験もセットになっています。

さらに、ディズニーランド・リゾートでは、その日のフォトパスを枚数無制限でダウンロード可能。

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでは新たなARレンズ機能が利用できます。

個別アトラクションLLを購入可能

七人のこびとのマイントレインやラジエーター・スプリングス・レーサーなどの人気アトラクションは、「ライトニング・レーン」を有料で購入可能。

1日2つまで購入できます。

「ディズニー・ジーニー・プラス」とは別料金の課金制。

価格は利用日やアトラクションによって異なります。

アトラクション待ち時間を予測

「ディズニー・ジーニー」では、アトラクションやショー、レストランの最適スケジュールの提案や、アトラクションの未来の待ち時間を予測するサービスも提供。

これらは無料で利用できます。

DLR・WDW最適なスケジュールを提案&アトラクション待ち時間予測の新サービス「ディズニー・ジーニー」秋スタート

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。