シーパラ「うみファーム」7/10リニューアルオープン

2021年6月19日 あとなび

横浜・八景島シーパラダイスでは、自然の海の水族館「うみファーム」が2021年7月10日(土)にリニューアルオープンします。

見た目も楽しくリニューアル

うみファームは、自然の海を舞台に“食育”をコンセプトにした水族館です。

魚釣りやビオトープが楽しめる「フィッシャーマンズオアシス」と、四季を通じて変化する自然の海の様子や海藻に集まる生きものの生態を観察することができる「オーシャンラボ」で構成。

エントランスは、視認性が高いデザインに変更し、“橋を渡って行ってみたくなる海の上の水族館”を演出します。

“海育”について伝えるためのガイダンスルームは、海の中にワープしていくようなわくわくするデザインに変更し、小さい子供も海について興味を持てるようになります。

フィッシャーマンズオアシス

これまで「食育ゾーン」として親しまれてきた魚釣りゾーンが、『フィッシャーマンズオアシス』というエリア名となってリニューアルオープン。

自然の海を楽しみ、いけすの中にいるアジやマダイといった魚を実際に釣ることができ、釣った魚は「うみファームキッチン」でフライやグリルにして食べることができる、食育体験を味わえるエリアです。

新たに新設する「マリンビオトープ」は、八景島近郊の浅瀬の海の生態系を再現し、自然の海について遊びながら学ぶことができます。

実際に浅瀬に入って自然の海を感じたり、ベンチに座って海風を感じたりできます。

東京湾や相模湾の漁港から直送された魚介類を販売する「おさかなマルシェ」では、近海で水揚げされた市場に出回らない新鮮な魚介を直送し八景島内で食べられる、新しい取り組みを行う施設です。

「フィッシャーマンズオアシス」は、身近に海を感じ、その日食べられる分だけの魚を獲り、くつろぐ、まさに漁師にとってオアシスのような空間を演出します。

うみファームキッチン

うみファームで釣った魚をスタッフが調理する「からっとキッチン」が、海を感じる心地よい空間「うみファームキッチン」へとリニューアルします。

うみファームで釣った魚を、神奈川県が開発した柑橘類である“湘南ゴールド”を使用したオリジナルソースをかけたフライのほか、店内でグリルして提供。

さっきまで海を泳いでいた魚を食べる“食育”を、解放感あふれるカフェのような気分で味わえます。

オーシャンラボ

四季を通じて変化する自然の海の様子や海藻に集まる生きものの生態を観察することができます。

ガイドツアー「東京ワンダーウォッチャーズ」では、より身近な海や生きものについて学べます。

「東京ワンダーウォッチャーズ」は、オーシャンラボで暮らす生きものに実際にさわったり観察しながら、自然の海に暮らす生きものや海の環境問題、東京湾から流れてくるごみ問題など、当館のスタッフがお客さまにレクチャーするプログラムです。

身近な海について、スタッフが一緒にまわりながらガイドし、疑問や質問などにも答えます。

ガイドツアー「東京湾ワンダーウォッチャーズ」
料金:1名600円(定員15名)
時間:平日1回、土休日2回
所要時間:約20分間

ドルフィン

海を臨む軽飲食店舗「ドルフィン」が、すっきりとしたマリンデザインの外観となり、ワッフル&クラフトビールのお店に生まれ変わります。

チョコやストロベリーなどのワッフルや、地元小柴産のレモンを使用したオリジナルの「八景島ハニーレモンエール」(発泡酒)や黒ビールなど4種類のクラフトビールを販売。

ビールに合うフィッシュ&チップスやポップコーンシュリンプ、ソフトクリームなども販売します。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-