京都水族館「夜のすいぞくかん」4/10から開催

2021年4月6日 あとなび

京都水族館では、午後8時まで営業時間を延長するイベント「夜のすいぞくかん」の2021年度版を、4月10日(土)より開始します。

2021年は開催日を拡大

「夜のすいぞくかん」は、午後8時まで営業時間を延長し、夜限定の演出で幻想的な水族館を楽しめるイベント。

開催日は、午後5時以降、館内のさまざまなエリアで明かりを落とし、夜限定の幻想的な照明で空間を演出します。

2017年より毎年開催し、夏休みやシルバーウィークなどの連休やクリスマスを中心に開催されて来ましたが、2021年度は4月から11月までの土・日・祝祭日を中心に開催日を拡大します。

夜ならではのいきもの見どころ

「イルカスタジアム」「京の海」「ペンギン」のエリアを中心に、夜限定の照明で幻想的な空間を演出します。

いきものが寝ている姿や、ゆったりと魚が泳ぐようすを眺めたり、普段は見られないいきものの姿が見られます。

オオサンショウウオ

日中は水槽の端に折り重なるようにじっとしていますが、夜行性のため、夜になると少しずつ動き出します。

ミナミアメリカオットセイ

日中は水中にいることが多いですが、夜は岩場に上がって眠ります。前あし、後ろあしから熱を放出して体温を調節しているため、暑い夏は大の字で寝ている姿、冬は丸くなって寝ているかわいらしい姿を観察することができます。

ケープペンギン

夜はペンギンたちもカップルや夫婦で寄り添って眠ります。お互いもたれながら眠るペアや、立ったままうとうとするペンギンなど、寝方にも個性があります。

「京の海」大水槽

夜になるとマイワシの群れが少しゆったりと泳ぐようになるようすや、暗がりに潜んでいたサメの仲間が姿を現すなど、普段とは少し違った魚の動きを見ることができるかもしれません。

夜限定のイルカパフォーマンス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日中に開催しているイルカパフォーマンス「YEAH!!」を夜限定の照明で演出します。

色とりどりのムービングライトやスポットライトなどの光の中、音楽に合わせて一緒に手拍子をしたり、イルカがジャンプする姿が見られます。

公園の暗闇を背景にイルカが浮かび上がる夜ならではのパフォーマンスです。

なお、京都水族館では、2021年8月初旬にハンドウイルカ「キア」に赤ちゃんが誕生する予定のため、安心して出産できる環境づくりを優先し、2021年7月以降はイルカパフォーマンスを中止します。

「夜のすいぞくかん」イルカパフォーマンス「YEAH!!」
開催時間:4月~6月の対象日 19:15~19:25
開催場所:イルカスタジアム

夜限定メニュー

ソーダの中にクラゲの形の光るキューブを浮かべたドリンク「光る★クラゲソーダ」が登場。

ミックスベリー入りの見た目も綺麗なブルー(ブルーハワイ味)とレッド(カシス味)の2種類です。

光るクラゲのキューブは、お土産として持ち帰ることができます。

光る★クラゲソーダ
販売時間:17:00~19:15
販売場所:スタジアムカフェ
販売価格:各680円(税込み)
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-