テーマパーク・遊園地
動物園・水族館
TOPIC
ABOUT

動物と触れ合いながらワークスペースや遊具で過ごせる「アニタッチPARK」伊豆シャボテン動物公園の新業態がイオンモール太田にオープン

2024年4月21日 あとなび

アニタッチPARK イオンモール太田が、2024年4月19日(金)にオープンしました。

伊豆シャボテン動物公園の新業態

ふれあい動物園&アミューズメント施設「アニタッチPARK」が、群馬県のイオンモール太田にオープンしました。

伊豆シャボテン動物公園が手がける屋内型ふれあい動物園「アニタッチ」に、屋内型アミューズメント施設を組み入れた、新業態「アニタッチPARK」として登場します。

営業時間中は、滞在時間の制限なく過ごせる料金形態。入場料は、平日大人1,200円、学生1,000円、4歳〜小学生700円、3歳以下無料。土日祝・繁忙期は、大人1,500円、学生1,300円、4歳〜小学生900円、3歳以下無料。年間パスポートも販売予定です。

関連記事

45種400匹以上の動物たちと触れ合える

アニタッチPARKには、45種400匹以上の生きものが暮らしています。ひよこやモルモット、パンダマウスたち、小動物がお出迎え。実際に触ったり、有料のおやつをあげたりできます。

マイクロブタは柵の中に入って触れ合えます。人懐っこい性格だそうで、座っていると寄ってきてくれることも。

カピバラや鳥たちが暮らすエリアは、一般エリアから区切られており、檻のない空間で動物たちが自由に動き回っています。

足元をパンダヤギの赤ちゃんが走り回ったり、頭上をインコやワオキツネザルが跳んでいくことも。

カピバラは、伊豆シャボテン動物公園の名物「カピバラの露天風呂」を小さくした「カピバラの猫足風呂」で浴槽に浸かって心地良さそうです。

広告

イグアナに癒されながら仕事

アニタッチPARKでは、ワークスペースを用意。机にコンセント、wi-fiを完備しています。ワークデスクの目の前にはイグアナが。イグアナを目の前に仕事ができる、ここでしかない体験です。

初のキッズ遊具スペース

従来のアニタッチにはなかった、キッズ遊具ゾーンを設け「アニタッチPARK」として進化した施設。ボールプールや滑り台の遊具も遊び放題です。

さらに屋外エリアも初導入。別途有料のコイン遊具が並んでいます。

広告

周辺にはペットエリア

イオンモール太田では、「アニタッチPARK」を含むペット&まなび体験エリアとして整備。

「猫カフェMOCHA」や、ペット用品店「PETEMO」、「PET PARADISE」といった店舗が並んでいます。アニタッチPARKも無料エリアにグッズ店舗を設けています。

さらに屋外にはペットTerraceを導入。ペット用のシャワーや、リードを繋げるテーブルなどを用意し、ペットと過ごせる空間になっています。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-

関連記事

伊豆シャボテン動物公園、65年で初めてグループ年間200万人来園を達成

お台場にふれあい動物園「アニタッチ」7/20オープン

東武動物公園、サル山を2024年3月にリニューアルオープン

最新記事

ジュラシック・パーク謎解きUSJでスタート 「最大2,000人のパーク周遊謎解き」導入の狙い

2024/05/24

ラプンツェルやランタンがバッグに 「ファンタジースプリングス」新アトラクションの名シーンを描くバッグ&ポーチ

2024/05/24

CLAMP描き下ろし衣装のキティグリーティング ピューロランドで初開催

2024/05/24

ポケモンが志摩スペイン村に登場 パルデア地方風の街並みにポケモンたちをデコレーション

2024/05/23

USJホテル ユニバーサルポートにジャングルテーマの新客室「ドキドキ アドベンチャールーム」

2024/05/23