TDS「ファンタジースプリングス」アトラクション模型や建設風景をD23 Expoで公開

2022年9月11日 プーや

東京ディズニーシーに2023年度オープン予定の新テーマポート「ファンタジースプリングス」に関する展示が、2022年9月9日(金)〜11日(日)のD23 Expo 2022にて公開されました。

ファンタジースプリングス最新動画

D23 Expo 2022はディズニーランド・リゾートのすぐ近く、アナハイムコンベンションセンターで2022年9月9日(金)〜11日(日)の3日間、開催されています。会場内のディズニーパークス&エクスペリエンスのパビリオンにて、東京ディズニーシーに関する展示が行われました。

各ディズニーリゾートの拡張プロジェクトの展示が並ぶ中、東京ディズニーリゾートからは東京ディズニーシーに2023年度オープン予定の新テーマポート「ファンタジースプリングス」を展示。最新の建設風景が動画で公開されました。

これまで東京ディズニーリゾートが公開してきた映像からさらに工事が進んでおり、ネバーランドの山々やラプンツェルの塔、ノースマウンテンなどの姿が見えてきています。

関連記事

アトラクションポスターを公開

ファンタジースプリングスには、『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』のエリアで計4つのアトラクションがオープン予定です。それぞれアトラクションのポスターが展示されました。

アナと雪の女王は、アナとエルサが向き合って手を合わせているデザイン。背景にはアレンデール城やオラフ、クリストフ、スヴェン、ハンスらの姿もあります。ポスター下部はファンタジースプリングスのロゴと、船の穂先のようなデザインになっています。

塔の上のラプンツェルは、「輝く未来」のランタンが上がる中、ゲストを乗せたボートが進んでいるデザインです。

ピーター・パンのエリアには、アトラクションが2つオープン予定。大型ライドは、ネバーランドの上空をロストボーイズを乗せた海賊船が飛んでいく様子。その空にはピーター・パンやウェインディたちもティンカー・ベルの妖精の粉で飛んでいます。

もう1つのアトラクションは、ピクシーホロウがテーマです。ティンカー・ベルや草花の華やかな世界を、籠に乗ったゲストが進んでいく様子です。

ライド模型を展示

各アトラクションのライド模型も公開されました。ピーター・パンとラプンツェルはほぼ同型のボートライド。4人掛け×4列の16人乗りボートです。

ピーター・パンの大型アトラクションは、海賊にさらわれたジョンを救うために大空へ飛び立つストーリー。

ライドは海賊船がモチーフになっています。座席の横側のドア部分が大きく、着席した際に左右が見えない構造のようです。このアトラクションでは3D映像を用いると発表されており、ゲストの視点を中央に集中させる効果がありそうです。

ティンカー・ベルのアトラクションも、ライド型になることが明らかにされました。2人×2列の4人乗りの一般的なダークライド形式のライド構造となっています。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-