TDS「ファンタジースプリングス」イメージ模型を公開

2021年4月15日 あとなび

東京ディズニーシーは、2023年度にオープンする新テーマポート「ファンタジースプリングス」イメージ模型の一部を動画として初めて公開します。

3エリアをそれぞれ模型で紹介

東京ディズニーリゾートが38周年を迎えた4月15日、「ファンタジースプリングス」イメージ模型を3 つのエリアに分け、東京ディズニーリゾート公式YouTube内で公開します。

「ファンタジースプリングス」は、3つのエリアとディズニーホテルで構成される東京ディズニーシー 8番目のテーマポートで、総開発面積は東京ディズニーシー開業以来最大の約14万平方メートルにおよびます。

3つのエリアは、ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』を題材とし、アトラクションやレストラン、そして魅力あふれる空間がゲストをそれぞれの物語の世界へと誘うこととなるでしょう。 

イメージ模型は、実際の約50分の1の大きさ(約7m×11m)で作成されました。

開発過程では、コンセプトアートや図面だけでなく、このような模型を複数作成し、建設物や植栽などの位置関係や大きさなどを検討していきます。

今回の公開にあたり、改めて模型に色をつけ、様々な角度から模型を撮影。

模型には、美しい雪山のふもとにあるアレンデール城や森を見下ろすラプンツェルの塔、そしてピーターパンの故郷であるネバーランドや映画に出てくる海賊船などが表現されていて、まるで目の前に「ファンタジースプリングス」の世界が広がっているかのように感じることができます。 

©︎Disney
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。