USJが高校生の夢を奨学金で応援 「大阪府育英会USJ奨学金」第12期認定式を開催

2022年8月19日 あとなび

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営する合同会社ユー・エス・ジェイは、第12期「大阪育英会USJ奨学金制度(給付型)」認定式を、2022年8月18日(木)に開催しました。

USJが累計150名に奨学金を給付

大阪府育英会USJ奨学金は、給付型の奨学金。合同会社ユー・エス・ジェイが公益財団法人大阪府育英会の協力を得て、経済的な理由で進学が困難な高校生を対象に2011年度より給付しています。

第12期は15名の高校生が認定され、認定式が8月18日(木)14:00から、ロンバーズ・ランディングにて開催されました。式には14名が出席し、「あなたを令和4年度大阪育英会USJ奨学生に認定します。夢の実現に向けより一層努力されることを期待します」と書かれた認定証が一人ひとりに渡されました。

奨学生には1人100万円が支給され、今回の第12期をもって奨学生は累計150名となりました。

関連記事

120名の応募から選ばれた15名の奨学生

大阪府育英会 植田剛司理事長が挨拶。

第12期の奨学生には120名が応募したといい、選ばれた15名は、勉学はもちろん、クラブ活動や生徒会活動、ボランティア活動などをしっかり行い、面接でも自分の意見を述べたと、高く評価。

「奨学生の中で絆を深めていただいて、それぞれが夢の実現に向かって頑張っていただきたいと思います。皆さんいろんな夢があると思うんですが、それぞれの社会の立場の中で貢献できるように頑張っていただくことが、大阪の将来の姿、日本を担う人材になることを期待しております」と祝辞を述べました。

ボニエ社長が語る夢の掴み方

続いて、合同会社ユー・エス・ジェイ J.L.ボニエ社長 CEOが挨拶。自身の経験を踏まえて、高校生の将来について語りました。

この奨学生プログラムを通して皆さん将来に向けて歩み始めると思います。これまでの方々も、周りの方々もそうなんですが、皆さん思い描いたものを達成する方もいらっしゃれば、ちょっと違うものと方向性を変えられる方もたくさんいらっしゃいます。やはり重要なのは、その時々でしっかり考えて柔軟に対応していくということだと思います。

私が皆さんの歳だった頃は、将来何をするかは全く想像もできていなかったと思います。エンジニアとして大学に行きまして、エンジニアとして働き始めました。その後ファイナンスの部門に方向性を変えて、そのあと今ここにいるわけなんですね。

そのとき私は何を考えていたかというと、外に出てみたいなと。国際的な仕事がしてみたい、海外に出て仕事がしてみたいなと思いましたので、多国籍企業に勤めると方向性を変えました。そこから色々なものを経て、私は日本に来ました。この大阪のUSJという会社で今勤めております。

皆さんこういった機会、いろいろな機会がこれから来ると思います。目の前に来たチャンスをしっかり掴んで進んでいって欲しいなと思います。

広告

皆さんの将来はNO LIMIT!です

私たちの会社ではブランドスローガンとして「NO LIMIT!」を掲げています。この言葉は皆さんにぴったりなんじゃないかなと思うので挙げさせていただきます。「NO LIMIT!」というのは、自分の限界を設けない、制限を作らないという意味です。自分たちで自分たちが生きていくスペースを作っていくということ。限界は自分でも作れますし、自分で取り払うこともできるということを込めて「NO LIMIT!」という言葉がぴったりだと思います。

今はコロナ禍ということもありまして、以前とはかなり日常が変わってしまいました。けれども、自分自身が何をしたいのかということをしっかり見つめて理解して、それに対して状況に応じて柔軟に対応していくことさえできていれば、必ず結果をついてくると思います。

皆さまこの度は奨学生として選ばれたことを本当におめでとうございます。ぜひとも諦めずにいろいろな方向性を探って、自分の夢を諦めずに追いかけていってください。

皆さんの将来は「NO LIMIT!」です。ありがとうございました。

奨学生代表の挨拶

続いて、第12期奨学生の代表が、返礼の言葉として、将来の夢はキャビンアテンダントになることだと語りました。両親の影響で世界に強く関心があったこと、飛行機でとても緊張にしていた時に気持ちをほぐしてくれたことから、キャビンアテンダントに憧れを持つようになったそうです。

「その夢を実現するために、大学の国際関係学部で各国の生活習慣や文化を細かく学び、快適な空間をどのように創り出せるか追及したいです。国籍や人種を超え、おもてなしの心を持ったキャビンアテンダントになりたいと思います。私の将来を実現するために支援してくださってありがとうございました」と、植田理事長とボニエ社長を前に将来の夢を語りました。

広告

奨学生・OBOGと交流会

認定式後は、そのまま会場で交流会を実施。第12期奨学生が、自己紹介として、それぞれ通っている高校や将来の夢、そのために進学したい大学・学部を話しました。

さらに、出席した奨学生OBOGの14名も、それぞれ自ら通っている大学や就職先を紹介しました。奨学生が将来をイメージできるリアルなエピソードや、後輩への心のこもったメッセージが語られました。

ウッディとウィニーもお祝い

記念撮影の際には、パークを代表して、ウッディとウィニーも駆けつけました。サプライズ登場に会場は盛り上がり、一緒に写真撮影を楽しみました。

広告

パークで生まれる奨学生同士の絆

認定式・交流会の後は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのパーク内を自由に遊べる時間となりました。参加者にはアトラクションやレストランを楽しめる券が配られ、奨学生同士やOBOGと一緒に遊べる機会に。交流会で知ったお互いの夢や進路を元に、奨学生の絆を深め、OBOGからの情報が教われる会となりました。

 

合同会社ユー・エス・ジェイは、すべての人々に限界のない未来をお届けしたいと誓うスローガン「NO LIMIT!Future for All」を掲げ、多様性の尊重、環境への配慮、地域社会との信頼関係構築を軸としたCSR活動を推進しています。「大阪府育英会USJ奨学金」は、子供たちのNO LIMIT!な未来を拓くことで地域社会に貢献することを企図しています。 奨学金の原資には、ユー・エス・ジェイが主要取引先とともに地域貢献を目的に毎年開催しているチャリティ・ディナーショーの収益金の一部が充てられています。 

Universal Studios Japan TM & © Universal Studios. All rights reserved.
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事