ディズニー新アトラクション 3つの乗車方法「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド」

2022年5月27日 プーや

フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのEPCOTに、新アトラクション「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド」が、2022年5月27日、オープンします。

オープンから当面の間は、スタンバイを作らず特別な運営方法となります。

スタンバイなし、3つの乗車方法

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド」オープン後は、通常通り列に並ぶスタンバイは行いません。

2回チャンスのあるバーチャルキュー、ホテルのグレードによって参加できる夜のバーチャルキュー、個別課金のインディビジュアル・ライトニング・レーンの3つの方法を使わないと、アトラクションに乗ることができないので、事前によく検討しておきましょう。

関連記事

バーチャルキュー(朝・昼)

「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンス」などで以前使用されていたバーチャルキューが復活。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド」に適用されます。

当日入園のパスポートを持っているゲストが公式アプリから参加でき、バーチャルキューに並ぶとグループ番号を発行、自分のグループが来るとアトラクションに並べるというシステムです。

チャンスは2回。朝7時と昼13時です。基本的に一瞬でなくなるため、スタート時間にアプリにアクセスすることが必須。

朝7時は当日のEPCOTの来園予約を持っていればホテルなどパーク外でも参加可能。13時は朝のバーチャルキューが取れなかった人が対象で、EPCOTのパーク内から参加する必要があります。

いずれにせよ、当日のEPCOTの来園予約を取っておくことが大前提となります。

高級ホテル宿泊者向けバーチャルキュー(夜)

ウォルト・ディズニー・ワールドでは、デラックスタイプのホテル宿泊者を対象に、夜の開園時間を延長する「エクステンデット・イブニング・テーマパーク・アワー」を実施中。

EPCOTの対象日には、「エクステンデット・イブニング・テーマパーク・アワー」参加者向けのバーチャルキューを追加で発行します。夕方18時にバーチャルキューの発行が開始され、ゲストはEPCOT園内から参加する必要があります。パークホッパーチケットを持っていれば、14時以降は自由にEPCOTに入園できるため、当日の来園予約を持っていなくても参加できます。

EPCOTでの「エクステンデット・イブニング・テーマパーク・アワー」は、7月までは毎週月曜日に開催されます。

広告

インディビジュアル・ライトニング・レーン(課金)

有料ファストパスにあたる「インディビジュアル・ライトニング・レーン」も、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド」が対象に加わります。ライトニング・レーンを取得できるようになる「ジーニー・プラス」ではなく、個別課金の「インディビジュアル・ライトニング・レーン」の対象です。

購入すると、指定した時間内にアトラクションに行くことで、バーチャルキューより短いルートからライドに乗ることができます。東京ディズニーリゾートの「ディズニー・プレミアアクセス」のようなシステムです。

14時以降の「インディビジュアル・ライトニング・レーン」を購入すれば、パークホッパーチケットを使えば、当日の来園予約がなくてもEPCOTに入園し、アトラクションに乗れます。

注意点

3つの乗車方法には注意点があります。

まず、パークに14時までに入園するには、事前に「パーク入園予約」を行う必要があり、入園枠が埋まってしまった場合、アトラクションに乗れる選択肢が大きく減ります。

入園予約がない場合は、夜のバーチャルキューか、14時以降のインディビジュアル・ライトニング・レーンを取るしかありません。

夜のバーチャルキューはデラックスタイプのホテル宿泊者が対象のため、宿泊代が高め。インディビジュアル・ライトニング・レーンは個別課金です。

また、1回目のバーチャルキューと、インディビジュアル・ライトニング・レーンの発売は、どちらも朝7時。同時に始まるため、どちらかを諦めなければならない場合があります。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:コズミック・リワインド」は、音楽が6パターンあり、ランダムで流れます。できれば滞在中に何度か乗っておきたいところ。旅程と最適な体験方法を検討して、朝の決戦に挑みましょう。

©Disney ©2022 MARVEL
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-