伊豆シャボテン動物公園にキタコアリクイ、クロキツネザル、カピバラ、ヒメマーラの赤ちゃん誕生

2022年5月28日 あとなび

伊豆シャボテン動物公園では、カピバラ、ヒメマーラ、クロキツネザル、キタコアリクイの赤ちゃんが、2022年5月に誕生しました。

カピバラの赤ちゃん

2022年5月7日(土)、「カピバラの露天風呂」展示場にてカピバラの赤ちゃん4頭が誕生いたしました。現在、大人5頭と2021年夏・秋に生まれた子どもたち6頭、2022年春に生まれた赤ちゃん11頭、そして今回生まれた赤ちゃん4頭と、父「ふたまる」を中心とした大家族となっています。

合計26頭のファミリーは、「カピバラの露天風呂」展示場において最も多い頭数。大勢の子どもたちが元気に駆け回るにぎやかな様子は今だけしか見ることができません。

関連記事

ヒメマーラの赤ちゃん

シャボテン温室内にある通称“ジオラマ”展示場では、5月7日(土)にヒメマーラの赤ちゃん1頭が誕生しました。国内では珍しい動物で、赤ちゃんの姿が見られるのは貴重です。

キタコアリクイの赤ちゃん

“ジオラマ”展示場では、5月12日(木)にはキタコアリクイにメスの赤ちゃん1頭が誕生しました。2019年に続き2頭目の出産です。キタコアリクイも国内では珍しい動物です。

広告

クロキツネザルの赤ちゃん

5月8日(日)には、アニマルボートツアーズの池に浮かぶ「リスザルとキツネザルの島」にて、クロキツネザルのメスの赤ちゃんが誕生しました。母親と群れの仲間たちのもとすくすくと育っています。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-,