ウォルト・ディズニー・ワールド50周年のクリスマスイベントを発表

2021年7月13日 あとなび

フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでは、ホリデーシーズンのイベントを2021年11月12日から開催します。

2021年10月1日から始まる50周年イベント「世界で一番マジカルなセレブレーション」の期間中に開催されるクリスマスです。

マジックキングダム「ディズニー・ベリー・メリエスト・アフター・アワーズ」

マジックキングダムでは、メインストリートUSAにデコレーションが施されます。

夜には、シンデレラ城にホリデー・プロジェクションが登場。

50周年を記念した夜のライトアップ「ビーコン・オブ・マジック」と交互に行われます。

また、2021年11月8日から特定日には、例年とは異なる新たな特別営業「ディズニー・ベリー・メリエスト・アフター・アワーズ」を開催します。

パレードなどが公演される例年の「ミッキーのベリー・メリー・クリスマス・パーティー」とは異なり、パーク閉園後に行われる4時間の「アフター・アワーズ」となります。

特別営業では、花火「ミニーのワンダフル・クリスマス・ファイヤーワークス」を公演。

クリスマス仕様のキャラクターや音楽、スイーツなどが楽しめます。

エプコット・インターナショナル・フェスティバル・オブ・ホリデー

EPCOTでは、「エプコット・インターナショナル・フェスティバル・オブ・ホリデー」を2021年11月26日〜12月30日の期間に開催。

ワールド・ショーケースの各パビリオンにホリデー・キッチンが設置され、ボイス・オブ・リバティのパフォーマンスも行われます。

ディズニー・ハリウッド・スタジオ

トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラーの舞台となるハリウッド・タワーホテルは「ハリウッド・ホリデー・タワー」に生まれ変わります。

マペットや『アナと雪の女王』、『トイ・ストーリー』、そして『ミッキーのクリスマスキャロル』などのクリスマスシーンが映し出されます。

このプロジェクションも、50周年の「ビーコン・オブ・マジック」と交互に行われます。

『アナと雪の女王』の物語を歌とともに巡る「生まれてはじめて:フローズン・シング・アロング・セレブレーション」では、フィナーレにオラフが登場し、クリスマスをお祝い。

レストラン「ハリウッド&バイン」では、ミニーが主催のクリスマスグリーティングが行われます。

ディズニー・アニマルキングダム

ディズニー・アニマルキングダムのシンボル、ツリー・オブ・ライフでは、ホリデー版の「ツリー・オブ・ライフ・アウェイクン」を公演。

自然にインスパイアされたホリデーの輝きがツリー・オブ・ライフを彩ります。

こちらも50周年の「ビーコン・オブ・マジック」と交互に行われます。

また、キャラクターが、クリスマスソングに合わせてディスカバリー・リバーに船で登場します。

ディズニー・スプリングス・クリスマスツリー・ストロール

ディズニー・スプリングスでは、「ディズニー・スプリングス・クリスマスツリー・ストロール」を開催。

ディズニーをテーマにしたツリーが飾られます。

50周年を記念した「世界で一番マジカルなセレブレーション」のクリスマスツリーも登場します。

さらに、雪が降り積もるサプライズスポットも登場。

もちろん、クリスマスを彩る様々な商品も各店舗で販売されます。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-