ミッキーたちが過去ショー曲でダンス TDL新ショー「クラブマウスビート」公開

2021年7月2日 あとなび

東京ディズニーランドでは、新たなショー「クラブマウスビート」が、2021年7月2日(金)よりスタート。

開演前日には準備公演が行われ、新ショーの内容が明らかになりました。

オープニング

ショーベースの「ワンマンズ・ドリームⅡ-ザ・マジック・​リブズ・オン」から変わらない印象的な幕が開くと、白いコスチュームを着たミッキーとダンサーが登場。

ショーの舞台「クラブマウス」のロゴを背景に、新たに作られた「クラブマウスビート」のテーマソングにのせ、クールに踊ります。

そこにドナルド、グーフィーも登場し、トリオでダンスを披露します。

さらにミニーとデイジーも登場。

5人とダンサーでオープニングを飾ります。

グーフィー・ムービー

ミッキーの呼び込みでマックスが登場。

グーフィーとマックスが親子で踊るのは、2人の映画『グーフィー・ムービー/ホリデーは最高!!』から「I 2 I」です。

途中からミッキーも合流し3人で決めます。

ワンス・アポン・ア・マウス、ミニー・オー!ミニーを再現

ドナルドのパフォーマンスはクラシックの指揮者。

ショーベースで公演された「ワンス・アポン・ア・マウス」を思わせる指揮者ドナルドを邪魔しにきたのは、やっぱりチップとデール。

「ここはクラブだよ」というチップとデールに押し切られ、ドナルドは退場。

チップとデールによるマンボが始まります。

マラカスを振るチップとデールが、「ミニー・オー!ミニー」のダンスシーンの音楽で盛り上がります。

マックィーンとヴィクトリーラップ

続いてやって来たのは、ライトニング・マックィーン。

東京ディズニーシーで公演された「ライトニング・マックィーン・ヴィクトリーラップ」のように、マックィーンのピストンカップの優勝をお祝いして盛り上がります。

プレスリードナルドが復活

ドナルドが再登場すると、今度はロックンローラーの姿に。

1998年のスペシャルイベント「ドナルドのワッキーキングダム」で披露したプレスリー風の衣装で登場すると、音楽も「ドナルドのスーパーダック・パレード」に。

チップとデールも参加し、スーパーダックを盛り上げます。

ヴィランズはミスマスを踊る

しかし途中で怪しい雰囲気が漂い、ヴィランズが現れます。

香港ディズニーランドのハロウィーンショー「Let’s Get Wicked」にのせて、フック船長、ビッグ・バッド・ウルフ、ウィック・ド・ウィッチが登場。

マレフィセントの手下グーンも登場し、ヴィランズのダンスが始まります。

曲は東京ディズニーシーのハロウィーン「ミステリアス・マスカレード」の参加ダンス曲「Only Tonight」。

パフォーマンスを終えたヴィランズは引き上げていきます。

ミニーとデイジーのサマースターズが復活

続いてはミニーとデイジーの出番。

2人のダンス曲は、「爽涼鼓舞」で2人が組んだチーム「スパークリング・サマースターズ」です。
ミニーとデイジーが歌う日本語歌詞も登場します。

ドナルド今度は闘牛士に

ドナルドの今度のパフォーマンスは闘牛士。

今度はデイジーにも気に入られ、3度目の正直が成功となります。

ニックとジュディが参加ダンス

ドナルドのパフォーマンスも成功したクラブマウス。

そこにやって来たのは『ズートピア』のニックとジュディです。

「トライ・エブリシング」をゲストと一緒に踊ります。

イッツ・ア・グッド・タイム

口笛のリズムと共に登場するのはジャケットをブルーに替えたミッキーマウス。

ミッキー生誕90周年テーマソング「イッツ・ア・グッド・タイム」でダンスを披露します。

さらにミニーも登場し2人でダンス。

そこにプルート、マックス、グーフィー、チップとデール、ドナルド、デイジーも合流。

みんなで「イッツ・ア・グッド・タイム」で盛り上がります。

フィナーレ

最後は再び「クラブマウスビート」のテーマソング。

ステージにはキラキラしたテープも舞い、豪華なフィナーレを迎えます。

クラブマウスビート
公演場所:ショーベース
公演時間:約25分
公演回数:1日4~5回 「クラブマウスビート」
出演キャラクター:ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、デイジーダック、グーフィー、チップ、デール、マックス、ライトニング・マックィーン、ジュディ・ホップス、ニック・ワイルド ほか 
©︎Disney
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。