西武園ゆうえんちラッピング電車、レオライナーで5/15から運行

2021年5月13日 あとなび

新しい西武園ゆうえんちへのメインアクセスとなる山口線(レオライナー)では、ラッピング電車を2021年5月15日(土)から運行します。

1960年代の西武線をイメージしたラッピング

新しい西武園ゆうえんちは、2021年5月19日(水)グランドオープン。

1960年代をイメージした“あの頃の日本”をテーマに生まれ変わります。

そのコンセプトに合わせ、実際に1960年代に西武線を走っていた車両のカラーリングをイメージしたラッピングを1編成(4両)に施します。

西武園ゆうえんちメインエントランスの最寄駅である西武園ゆうえんち駅まで山口線に乗車するところから当時の時代観を創り上げ、ワクワクを感じていただきたいという想いから実施するものです。

また、2021年5月19日(水)からは、開園時間帯を中心に、山口線の全ての車両(3編成)で、西武球場前駅から西武園ゆうえんち駅に向かう間、オリジナルの西武園ゆうえんちPR放送も流れます。

西武園ゆうえんちラッピング電車
運行期間:2021年5月15日(土)~当面の間 ※車両運用の都合により運行しない日もございます。
編成:8500系8521編成(4両1編成)
運行区間:山口線(多摩湖~西武球場前駅間)
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-