西武園ゆうえんちリニューアルで「ゴジラ・ザ・ライド」手塚治虫エリア導入、5/19オープン

2021年4月14日 あとなび

西武園ゆうえんちは、リニューアルを経て2021年5月19日(水)にグランドオープンします。

「ニューノスタルジー」空間に

新コンセプトは「心あたたまる幸福感」。

1960年代をイメージした“あの頃の日本”の町並みを再現し、昭和の雰囲気を懐かしむ大人だけでなく、若者世代にも「ニューノスタルジー」を感じさせる“新しいけど懐かしい非日常の世界”となります。

ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦

エントランス付近に作られる大型ライド・アトラクションは、ゴジラをテーマとした世界初の常設ライド「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」です。

アトラクションの舞台は、商店街から見える小高い丘に建つ映画館。

突如東京に出現し埼玉方面へ移動するキングギドラ、さらに謎の巨大生物も接近。

ゲストは特殊災害対策部隊「特災対」の特殊装甲車に乗りこみ、ゴジラやキングギドラたちの激闘の真っ只中に放り込まれてしまいます。

定員は70名で約10分のアトラクション。

イメージイラストでは、特殊装甲車の車上にゲストが座っている様子が描かれています。

さらに、ライド乗車制限には、乗り物酔い・船酔いしやすい方に加え「高所恐怖症」も挙げられており、シミュレーションライドのような要素がうかがえます。

「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」では、西武園ゆうえんちのリニューアル全体を手がける株式会社刀と、『ALWAYS 三丁目の夕日』や『STAND BY ME ドラえもん』の山崎貴監督がタッグ。

アトラクションに登場するゴジラや大怪獣たちは、山崎監督による描き下ろしデザイン。

昭和のゴジラを髣髴とさせるどっしりとした風格のある佇まいでありながら、今見ても直感的にカッコいいと思える造形にこだわり抜きました。

奇しくもハリウッド版『ゴジラvsコング』の日本公開翌週に、昭和な街並みでゴジラとキングギドラの激闘が体験できます。

ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦
定員:70名
体験時間:約10分
利用制限:身長100cm以上のお子さまよりご乗車いただけます。
身長130cmに満たないお子さまは、18歳以上の保護者の方と同乗をお願いします。
身長130cm以上の方よりお1人でご乗車いただけます。
※ご利用になる方は健康状態の良い方に限ります。次の方はご利用できません。
・3歳までのお子さま ・妊娠中の方 ・血圧に異常のある方 ・心臓、首、背中、脊髄に障害のある方 ・アルコール又は薬物の影響下にある方 ・呼吸器に疾患をお持ちの方 ・高所恐怖症、乗物酔い、船酔い又はしばしばめまいになりやすい方 ・安全装置を正しく装着できない身体的又は精神的な障害がある方 ・その他健康上の不安のある方
ストーリー
商店街から見える小高い丘に建ち、街の人々から愛される映画館には、多くの人々の笑顔で溢れていた。いつもと変わらない平穏な日常の中、東京に突如現れたのは、謎の巨大生物・キングギドラ。キングギドラは、町の建物をなぎ倒しながら埼玉方面へと移動を進める。館内の緊急放送では、キングギドラ以外にも、さらなる謎の巨大生物が接近していることを知らされる。ゲストは特殊災害対策部隊「特災対」の特殊装甲車に乗りこみ、ゴジラやキングギドラたちの激闘の真っ只中に放り込まれ、無事に逃げ切ることが出来るのか?

エントランスを変更

「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」の舞台となる映画館「夕陽館」から見下ろせる景色は、1960年代をイメージした昭和の街並み。

駅名が変更され、新たなゲートとなった「西武園ゆうえんち駅」(旧「遊園地西」)に降り立ったゲストを出迎えるのは、エントランスに佇む路面電車。

実際に運用されていた、長崎電気軌道の路面電車(1050形1051号)です。

従来3箇所にあったエントランスは西武園ゆうえんち駅前の1箇所に集約されます。

夕日の丘商店街

スパゲッティー・ナポレターナ

レトロな趣のエントランスを通ると、アーケードエリアが「夕日の丘商店街」となって広がります。

ここは、「おせっかいなほど人情味にあふれ、人懐っこい人々との心の触れ合いを通じて、心あたたまる幸福感を感じていただける場所」というリニューアルコンセプトを体現するエリアで、商店街中が舞台となったようなライブ・パフォーマンス空間です。

懐かしい買い物体験や、遊技場での射的体験が楽しめます。

食体験では、「食堂助六屋」のライスオムレツや、「肉のおほみ」のクロケット(コロッケ)、「喫茶ビクトリヤ」のスパゲッティー・ナポレターナなど風情のあるメニューが並びます。

そして、交番では「盗人×駐在のチェイス」、「ポン菓子」、「八百屋のたたき売り」など、商店街に生きる人々がライブパフォーマンスを繰り広げます。

レッツゴー!レオランド

新たにファミリーエリアとして「レッツゴー!レオランド」を導入。

世界で初めて、手塚治虫氏のキャラクターをテーマとした、遊園地常設のファミリーエリアが誕生します。

『鉄腕アトム』と『ジャングル大帝』のキャラクターが登場し、大人にとっては懐かしいけど新しい、子供にとっては新しいけど懐かしいアトラクションが並びます。

「レオとライヤの夕日列車」「跳べ!ジャングルの勇者レオ」「レオとライヤのジャングルダンスパーティー」「アトムの月面旅行」の4つのアトラクションと、「巨大すごろく」と「トリックアート」が登場。

また、西武園ゆうえんち限定のグッズを販売するショップ「レッツゴー!バザール」も併設されます。

 

これらのエリアとは別で、「回転空中ブランコ」「バイキング」「大観覧車」「オクトパス・アドベンチャー」「メリーゴーラウンド」「富士見展望塔」「チャレンジトレイン 出発進行!小さな運転手さん」のアトラクションも営業します。

パスポート制、「西武園通貨」を導入

リニューアル後の西武園ゆうえんちは入園とアトラクションフリーがセットになったパスポート制を導入。

「1日レヂャー切符」は、大人(中学生以上)4,400円、子供(3歳〜小学生)3,300円です。

また、園内では独自通貨を使用。

「西武園通貨」として、『ジャングル大帝』をデザインした紙幣が登場します。

西武園通貨は拾園=120円のレートで、西武園通貨を使用することで、1960年代当時の物価の感覚でお買い物体験ができます。

飲食、物販、ゲーム、商品、サービスなどで使用でき、ロッカー・自動販売機・ベビーカーレンタル・プールエリアは対象外(日本円を使用)。

紙幣は、レオが描かれた「拾園札」とパンジャが描かれた「百園札」の2種類。

3,000円(百園×2枚と拾園5枚)か600円(拾園×5枚)の単位で販売し、両替はできません。

また、「1日レヂャー切符」に西武園通貨450園分が付いた、「得1日レヂャーパック」(得は「まるとく」)も事前販売。

大人9,500円、子供8,500円で、大人300円・子供200円分お得です。

西武園ゆうえんち
リニューアルオープン日:2021年5月19日(水)
所在地:〒359-1145 埼玉県所沢市山口2964
敷地面積:約200,000㎡
営業時間:日により異なります
休業日:不定休
ライドアトラクション:12機種
商店街:30店舗
飲食施設:12店舗
駐車場:約1,000台 ※臨時駐車場含む 料金1,800円
総事業費:約100億円
TM & © TOHO CO., LTD ©TEZUKA PRODUCTIONS
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。