「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと1年。~」愛知県美術館で7/17から開催

2021年4月8日 あとなび

©︎1988 Studio Ghibli

愛知県美術館では、展覧会「ジブリの大博覧会」を、2021年7月17日(土)〜9月23日(木・祝)の期間、開催します。

「ジブリパーク」のプレイベント

書:鈴木敏夫氏

2015年の愛・地球博記念公園で幕を開け、全国各地で注目を集め続けた大博覧会が再び愛知に戻り完結。

5年間で国内全11カ所の巡回を行った「ジブリの大博覧会」の全ての展示物が勢ぞろい。

スタジオジブリ誕生から約35年の歩みを懐かしの映画ポスターやグッズ、未公開とされた原画など豊富な資料で振り返ります。

2022年秋に開園予定の「ジブリパーク」のプレイベントを飾り、「ジブリパーク」の関連展示も行われます。

展示は、「ジブリパーク」に収蔵される予定です。

展示内容

スタジオジブリの空とぶ機械達

「天空の城ラピュタ」のオープニングシーンに登場する「空飛ぶ巨大な船」を動く大型模型で再現。

プロペラを回しながら悠然と頭上を浮遊する姿は必見です。

そのほか、「紅の豚」や「風立ちぬ」などに登場する飛行機や空飛ぶ機械も紹介します。

スタジオジブリへようこそ!

スタジオジブリ内にある打ち合わせスペースを再現した「トトロ・バー」では、大きなトトロのぬいぐるみが来場者をお出迎え。

一気にジブリの世界へいざないます。

ポスタールーム

スタジオジブリが世に送り出してきた映画のポスターを一堂に展示。

キャッチコピーのメモなど一般に公開されなかった貴重な資料や原画でスタジオジブリ35年の歩みを振り返ります。

ジブリの倉庫

歴代作品の公開当時に作られた貴重なグッズやジブリ関連書籍などを数え切れないほど集めました。

膨大な展示物で埋め尽くされた空間は圧巻です。

ネコバス

「となりのトトロ」でおなじみ、子どもから大人まで大人気の「ネコバス」が登場。

ジブリの大博覧会
会期:2021年7月17日(土)~9月23日(木・祝)
開催時間:10:00~18:00 金曜は20:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:2021年7月19日(月)、8月2日(月)、16日(月)、9月6日(月)、21日(火)
会場:愛知県美術館 愛知芸術文化センター10階
※入場券は日時指定予約制。美術館で販売していません。
© Studio Ghibli
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。