上海ディズニーランド5周年 パークの歴史を写真で振り返る

2021年4月8日 あとなび

サマーイベントの模様

上海ディズニーランドでは、5周年アニバーサリーイベントが、2021年4月8日よりスタートしました。

起工式から10年、上海ディズニーランドの歴史を振り返る

2011年4月8日、起工式

5周年アニバーサリーがスタートした2021年4月8日は、10年前に上海ディズニーランドの起工式が行われた記念すべき日でもあります。

2012年4月26日、建設がスタート 旗はエンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスルの予定地

2011年4月8日、起工式が行われ、2012年4月26日には土地形成が完了し建設がスタート。

2015年5月19日、エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスルの最も高い塔が完成

2015年5月19日、エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスルの最も高い塔が完成しました。

2015年7月、リゾートの詳細を発表

2015年7月のD23 Expoではボブ・アイガーがリゾートの詳細を発表。

2016年6月16日、グランドオープン

そして2016年6月16日にグランドオープンを迎えました。

中国本土で初のディズニーパークとなる上海ディズニーランドでは、中国らしさとディズニーが融合。

春節などの季節イベントも開催されてきました。

2017年6月16日、1周年セレモニー

開園1年目で1,100万人以上のゲストを迎え、1周年はエンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスルで記念式典が行われました。

2018年4月26日、トイ・ストーリーランドがオープン

2018年4月26日には、初の新エリアとしてトイ・ストーリーランドがオープン。

世界のディズニーパークの中で、オープンから最も早く拡張されたパークになりました。

上海ディズニーランドでは、現在12,000人以上のキャストが働いています。

上海観光フェスティバルへの参加

市民プログラムや環境保護プログラムも定期的に実施しています。

2020年5月11日、営業再開

2020年は世界のディズニーパークで最初に臨時休園を始め、100日以上の休園を経て5月11日に再開。

現在、世界のディズニーパークで唯一キャッスルでのナイトショーを公演しており、無事に5周年アニバーサリーを迎えました。

2021年4月8日から新たなナイトショー「イルミネート! ナイトタイム・セレブレーション」がスタート。

『ズートピア』エリア

さらに、未来の計画として、『ズートピア』をテーマにした新エリアの工事も進んでいます。

©︎Disney
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。