カピバラスイカパーティー今年もハーベストの丘で開催

2020年8月12日 あとなび

堺・緑のミュージアム ハーベストの丘では、毎年夏恒例の「カピバラスイカパーティー」を8月の毎週水曜日に開催します。

夏の風物詩 カピバラがスイカにかぶりつく

ハーベストの丘には現在7頭のカピバラファミリーがおり、毎年8月限定でカピバラにスイカを与えるイベントを開催しています。

スイカは水分量が多く、夏バテ防止には最適の餌です。

カピバラの大好物で、スイカを見つけるとすぐに駆け寄ってきて、15分で食べ終わってしまうことも。

カピバラは人間とは違い、スイカを皮ごと食べてしまいます。

子どもでもエサやりを楽しめる

カピバラは温厚な性格の動物です。

また、ハーベストの丘のカピバラは、普段よりふれあいイベントを行っていることから、人に慣れています。

今回のイベントも小さな子どもでもスイカをあげることができます。

7頭のカピバラファミリー

ハーベストの丘に住むカピバラは現在7頭で、一家族です。


のん(オス)2011年生まれ
ビリ子(メス)2012年生まれ


ふわり(メス)2014年生まれ
ほの (メス)2015年生まれ
ぼの (メス)2015年生まれ
ひい (メス)2016年生まれ
みい (メス)2016年生まれ

家族ではあるものの、上下関係があり、親のカピバラにスイカを取られてしまったり、スイカが余っているにも関わらず、他のカピバラのスイカに興味を示す様子なども見ることができます。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-