「かしいかえん シルバニアガーデン」12/30で閉園

2021年3月25日 あとなび

かしいかえん シルバニアガーデンは、2021年12月30日(木)で閉園すると発表しました。

65年の歴史に幕

1956年に香椎花園としてオープンし、2009年から「かしいかえん シルバニアガーデン」としてリニューアル。

西日本初となるシルバニアファミリーの世界をテーマにした遊園地として営業してきましたが、2021年末で閉園となります。

閉園理由については「レジャー需要の多様化や少子化、施設の老朽化による今後の設備維持更新や新型コロナウイルスに伴う利用者の減少等」としています。

かしいかえんの変遷

1939年4月 「西鉄香椎花園」の母体となる「香椎 チューリップ園(チューリップ園・遊園地)」 を開園
1943年 「香椎チューリップ園」閉園
1956年4月 「西鉄香椎花園」開園
1960年12月 文部省より博物館相当施設の指定をうける。
1963年3月 初の本格遊具「ティーカップ」新設
1964年1月 「観覧車」新設
1968年3月 「ジェットコースター」新設
1973年3月 西日本一の「大観覧車」新設
1982年10月 晴雨に関わらずイベントが開催できる「催事館」完成
1983年7月 「レジャープール」新設
1994年4月 新ジェットコースターなど遊具を新設
2001年3月 「ふれあい動物園」オープン
2009年3月 「かしいかえん シルバニアガーデン」にリニューアル
2017年3月 リニューアル ・園全体のフラワーガーデン化、パークゴルフ場の新設、遊具の更新・新設など
2021年12月 閉園

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。