「ムーミン谷とアンブレラ」今年は春夏で2バージョン開催

2021年2月26日 あとなび

ムーミンバレーパークでは、約1,200本の傘が広がる「ムーミン谷とアンブレラ」を、2021年4月17日(土)~8月29日(日)の期間、開催します。

今年は春夏の2期体制

2回目の開催となる「ムーミン谷とアンブレラ」。

約1,200本のカラフルな傘が、約200mに渡り回廊を彩る、圧巻の景色で訪れるゲストを包み込むイベントです。

2020年に続きmarimekkoなど世界的なブランドでデザインを手がける鈴木マサル氏がアートディレクターを担当します。

そして今年のアンブレラスカイは、ムーミンの物語と北欧のテキスタイルを融合させた世界観をテーマに、春夏の2期体制に。

前期の春バージョンと後期の夏バージョンを、北欧で夏至がスタートする時期に合わせて2回に分け、デザインをがらりと変えて展開します。

展示の傘は“アップサイクル”

イベント終了後、展示の傘は新たな製品に生まれ変わります。

環境先進国と謳われている北欧の世界観が体験できるムーミンバレーパーク。

本来であれば捨てられるはずの廃棄物に、デザインやアイデアといった新たな付加価値を持たせることで、別の新しい製品にアップグレードして生まれ変わらせる「アップサイクル」の取り組みをアンブレラスカイで実施します。

イベント終了後の傘は、日本初となる捨てられるビニール傘をそのままの状態で再利用しバックなどを作るブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」の製品として生まれ変わります。

ムーミン谷とアンブレラ
前期:2021年4月17日(土)~6月20日(日)
後期:2021年6月26日(土)~8月29日(日)
※6月21日(月)~6月25日(金)は傘の入れ替え作業期間となります。
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。