瀬戸内海のハンターって?須磨海浜水族園で企画展「瀬戸内海のハンターたち~彼らが生きる豊かな海とは~」スタート

2021年2月10日 あとなび

神戸市立須磨海浜水族園では、豊かな海を考える企画展「瀬戸内海のハンターたち~彼らが生きる豊かな海とは~」を、2021年2月6日(土)~3月25日(木)の期間、開催します。

瀬戸内海で起きている問題を学ぶ

瀬戸内海のハンターとはいったい何者なのでしょうか。

企画展「瀬戸内海のハンターたち~彼らが生きる豊かな海とは~」では、代表的な瀬戸内海のハンターを紹介します。

彼らが生きていくには生きものが多く生息する豊かな環境が必要ですが、今は豊かさが失われつつあり、このままでは彼らが生きていくことは難しくなるかもしれません。

企画展を通じて今の瀬戸内海で起きている問題を学び、海への関心をさらに深めることができます。

企画展「瀬戸内海のハンターたち~彼らが生きる豊かな海とは~」
展示期間:2021年2月6日(土)~3月25日(木)
展示場所:本館2階 企画展ブース
展示物:
・解説パネル(瀬戸内海のハンター生物紹介や、環境問題など)
・瀬戸内海で捕獲されたホホジロザメの剥製(本館エントランス)
・生体展示 生態系を支える小型魚類・甲殻類
配布物:
・解説小冊子「見タコとあるかな?もっと知りタイ!!ひょうごの海」
・アンケート … 回答いただきました先着2,500名様にノベルティーグッズをプレゼント
共催:ひょうご豊かな海発信プロジェクト協議会
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。

-