蜷川実花が再びミッキーたちを撮る 限定グッズ発売・写真展開催決定

2020年10月20日 あとなび

写真家の蜷川実花さんが東京ディズニーリゾートを撮影する「イマジニング・ザ・マジック」とのコラボ第2弾が実現。

撮影された作品を使用したグッズの販売と、写真展の開催が決定しました。

キャラクター、新エリアなど5つのテーマで撮影

東京ディズニーリゾート・フォトグラフィープロジェクト「イマジニング・ザ・マジック」と写真家の蜷川実花さんが2度目のコラボ。

今回の作品は、「ミッキーマウスやドナルドダック、 グーフィーなどのディズニーの仲間たち」「ドナルドダックとホセ・キャリオカ、パンチート」とキャラクターが集合したテーマを展開。

さらに、新しくオープンしたアトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」、「ミニーのスタイルスタジオ」、「ミニーマウスが着用している季節ごとのコスチューム」も取り上げ、計5つのテーマで撮影されました。

蜷川さんは「東京ディズニーリゾート開園35周年に続き、再びご一緒できてとてもうれしいです。ディズニーの仲間たちの魅力をお届けできるよう“大好き”の気持ちを込めて取り組みました。」とコメントしました。

グッズはアプリで発売

うちわ 800円

2020年11月11日(水)からは、東京ディズニーリゾート・アプリでキャラクターがテーマの2作品を使用したグッズを展開。

ミッキーたちのテーマは約15種類、ドナルドたちのテーマは約10種類が登場します。

スマートフォンケースやレジャーシート、きんちゃくなど、日常で使えるグッズはもちろんコレクション性のあるグッズも販売します。

2021年に写真展を開催

「美女と野獣“魔法のものがたり”」がテーマの作品は、2021年に展開予定。

本が大好きなベルの可憐さや、好奇心旺盛な彼女と「美女と野獣の城」の美しさを見事に表現し、ゲストを物語の世界へと誘います。

2021年には、「イマジニング・ザ・マジック」の写真展が東京で開催予定です。

※作品は2019年度に撮影されたものです
※商品はデザイン・価格の変更や、品切れとなる場合があります

©︎Disney

-,