ジブリパーク、先行3エリアの詳細・写真を公開

2022年10月12日 あとなび

ジブリパークは、2022年11月1日(火)の開園を前に、エリアの模様を公開しました。

3エリアが11/1オープン

ジブリパークは、2022年11月1日(火)に愛・地球博記念公園に開園します。まずは「ジブリの大倉庫」「青春の丘」「どんどこ森」の3エリアが先行開業し、「もののけの里」「魔女の谷」の2エリアが2023年に開業予定です。

開業を前に内覧会が催され、園内の写真が公開されました。

関連記事

青春の丘

ジブリパークの入り口にあたる「青春の丘」は、来園者を迎え導くジブリパークの象徴です。エレベーター棟は、『天空の城ラピュタ』や『ハウルの動く城』などに出てくる19世紀末の空想科学的要素を取り入れたデザイン。

ロータリー広場の前には、地球屋が登場。

地球屋では『耳をすませば』の世界が再現されています。

『猫の恩返し』から「猫の事務所」を猫サイズの木造平屋建てで再現し、家具や小物をミニチュアサイズで制作しています。

ジブリの大倉庫

「ジブリの大倉庫」は、約9,600㎡の大倉庫で、ジブリ作品等の保管・保存を行う、ジブリパークのメインエリアです。かつて温水プールだった施設の大空間を活かし、屋内の街であるかのような演出をしており、三鷹の森ジブリ美術館の約3倍の広さを誇る空間となります。

『天空の城ラピュタ』より、廃墟となったラピュタの庭園を再現した「天空の庭」や、空飛ぶ巨大な船を全長およそ6mのスケールで設置。

『借りぐらしのアリエッティ』に登場するアリエッティとその家族が暮らす家や、彼女たちの目線でみた植物を大きなセットで再現しています。

『となりのトトロ』からはネコバスが登場し、子供たちが遊べる空間になります。

『千と千尋の神隠し』の不思議の街も。「にせの館長室」には湯婆婆の姿が見えます。

全ジブリ作品に関連するグッズやジブリパークのオリジナル商品を取りそろえたショップ「冒険飛行団」や、大倉庫を探検した皆さんが翼を休めるカフェ「大陸横断飛行」、ミルクスタンド「シベリ❆あん」も、ジブリの大倉庫内にあります。

広告

どんどこ森

「どんどこ森」は愛知万博の際に作られた『となりのトトロ』の「サツキとメイの家」を中心に、昭和の田園景観をイメージし自然を残したエリア。

サツキとメイの家から裏山へと向かいます。

裏山には、「どんどこ堂」と呼ばれる木製遊具が新たに誕生します。

©Studio Ghibli
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事