テーマパーク・遊園地
動物園・水族館
TOPIC
ABOUT

レッサーパンダの赤ちゃん シーパラに誕生、人工哺育の様子を公開

2022年9月29日 あとなび

オスの赤ちゃん

横浜・八景島シーパラダイスは、2頭のレッサーパンダが2022年7月9日(土)に誕生しました。

初のレッサーパンダの赤ちゃんが誕生

メスの赤ちゃん

八景島シーパラダイスの水族館「アクアミュージアム」では、2019年4月より水族館で初めてレッサーパンダの展示を始めました。同時に、繁殖に向け取り組んでおり、7月9日(土)、お母さん「コキン」とお父さん「ネイ」の間に初めての2頭の赤ちゃんが誕生しました。

2頭はオスとメスで、出生時の体長はどちらも14cm、体重はオスが149gでメスが139g。赤ちゃん誕生後、母獣に育仔する様子が見られなかったため、人工哺育に切り替えました。

関連記事

人工哺育を一般公開

哺乳(オス)

2022年7月9日(土)に双子の赤ちゃんが誕生した日から、バックヤードにて人工哺育を行ってきました。すぐに哺乳瓶からミルクを飲むことに成功。生後20日ほどで目が開き、体重も順調に増え、すくすくと成長してきました。

レッサーパンダは生後60日頃になると四肢で歩けるようになり、運動量が大幅に増えます。人工哺育も安定し、約1kgに成長した赤ちゃんたちは、まさに足腰を鍛える時期です。

今よりも広い飼育スペースを確保することが必要となるこのタイミングで、人間に見られることにも慣れてもらうためにも、2022年9月7日(水)から、この人工哺育の様子の一般公開を始めました。

赤ちゃんたちがお昼寝する様子やきょうだいでじゃれあう様子、四肢で歩く様子、そして飼育員による体重測定、哺乳などの様子を見られます。

公開日:2022年9月7日(水)~10月16日(日)
時間:10:00〜14:00/16:00〜17:00
場所:アクアミュージアムLABO2
備考:13:30、16:00から体重測定、哺乳などを行います。
​※動物の体調等により展示の中止およびスケジュールが変更になる場合があります。
広告

レッサーパンダの繁殖活動について

父ネイ

八景島シーパラダイスでは、2019年の展示開始以来、レッサーパンダの繁殖に向けて取り組んできました。

2020年2月にはメスのコキンのお婿さんとして、オスのネイが来館。同居をはじめ、コキンとネイの仲も良く、2020年、2021年にコキンの妊娠が確認され、出産に至りましたが、残念ながらどちらも上手に授乳することができず、成長に至りませんでした。

他園館の協力も得ながら繁殖活動を進め、今年3月、2頭の交尾が確認されました。レッサーパンダの妊娠期間は3~5か月と言われており、妊娠中、コキンにストレスを与えないよう慎重に見守ってきました。

7月9日(土)、コキンが2頭の赤ちゃんを出産。出産後、コキンが巣箱から出てきており、赤ちゃんのお世話をする様子が見られなかったため、コキンの健康管理と赤ちゃんの生命を最優先に考え、人工哺育を行う判断に至りました。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

関連記事

カピバラと相席 伊豆シャボテン公園の可愛いソーシャルディスタンス

すみだ水族館10周年 ペンギンへ特別住民票を贈呈

シーパラ×ジョジョの奇妙な冒険「水族館からのSOS」開催 海の生きものを“スタンド”で紹介

最新記事

シャーロック・ホームズと自分だけの物語を見つける巨大イマーシブシアター「ザ・シャーロック -ベイカー街連続殺人事件-」

2024/03/01

“世界初のイマーシブ・テーマパーク”イマーシブ・フォート東京オープン

2024/02/29

ハウルの城がジブリパークに出現 新エリア「魔女の谷」公開

2024/02/28

ファンタジースプリングス 4つのアトラクションをテーマにしたグッズ発売

2024/02/27

アナ雪、ラプンツェル、ピーターパンのレストラン&メニューを公開 東京ディズニーシー「ファンタジースプリングス」

2024/02/27