八景島シーパラ「アキパラ!」新プログラムが続々スタート

2022年9月5日 あとなび

横浜・八景島シーパラダイスは、シーパラならではの秋イベント「アキパラ!」を、2022年9月1日(木)~11月11日(金)の期間、開催しています。

アニマルパフォーマンス ~アニマル運動会~

生きものとさまざまなふれあい体験が楽しめる水族館「ふれあいラグーン」では、ケープペンギン、コツメカワウソ、オタリア(アシカの仲間)、ハリスホークなどの鳥類が生態を活かしたさまざまなパフォーマンスを披露する「アニマルパフォーマンス」を開催します。

運動会をテーマに、ペンギンの器用なくちばしの動きを食欲旺盛な姿とあわせて 紹介する「アジ食い競争」、コツメカワウソが国旗の装飾が施されたロープを可愛らしくギュッとつかまったり、膝の上をダッシュしたりする「障害物競走」、オタリアが約200kgの大きな身体を躍動する「選抜リレー」や、筋肉質な体を活かした「組体操」など、スポーツの秋を感じるさまざまなパフォーマンスを間近で見られます。

パフォーマンス終了後は、オタリアとのふれあいや記念撮影も楽しめます。

関連記事

ケープペンギンのパレード

「ふれあいラグーン」では、暑さが和らぎ秋風が心地よい季節、ぺたぺたよちよちと歩く姿が可愛らしいケープペンギンたちが、紅葉やハロウィンといった秋の装飾が施された道をパレードします。パレードのあとは、ペンギンとのふれあいや記念撮影を楽しめます。

プレーリーガーデンの運動会

水族館「アクアミュージアム」5階の「プレーリーガーデン」では、8頭のプレーリードッグがくらしています。

今年は新たに、10月からプレーリードッグの運動能力や身体の使い方などを間近で観察できる「プレーリーガーデンの運動会」を開催します。駆けまわったり、立ちあがったり、よじ登ったり、小さな身体でパワフルに動きまわる姿を見られます。

広告

ケヅメリクガメのごはん

水族館「ふれあいラグーン」では、今夏ケヅメリクガメが新たに仲間入り。毎日「ふれあいラグーン」内を自由にお散歩しています。

そんなケヅメリクガメをどこにいるのか探し、ごはんをあげることができるプログラムが新たに登場します。キャベツやニンジンをバリバリと豪快に食べる様子を間近で見られます。

極地動物のレクチャータイム

水族館「アクアミュージアム」1階LABO4「氷の海にくらす動物たち」では、ホッキョクグマ、セイウチ、ペンギンといった寒い地域にくらす動物たちを飼育展示していります。

今秋より、平日は1種、土休日は3種の動物について、飼育員が生きもの生態についてのレクチャーがスタートします。

さらに、動物たちがごはんを食べる様子も見られます。ダイナミックに動くホッキョクグマや、体重1トンを超えるセイウチ、そして 素早く水中を泳ぐペンギンたちの姿を存分に楽しめます。

広告

秋メニュー

島内のレストランや軽飲食店舗では、食欲の秋にぴったりなメニューを提供します。

秋の味覚のひとつである、キノコをたっぷりと使用した「タンドリーチキンピラフ」や「キノコのクリームパスタ」、栗の控えめな甘さとソフトクリームがマッチした「モンブランサンデー」など、メインのお食事からスイーツまで取り揃えます。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-,