サマーランド 新プール建設へ「トルネード」「ウェーブスウィンガー」営業終了

2022年7月30日 あとなび

東京サマーランドは、アトラクション「トルネード」と「ウェーブスウィンガー」の2機種を、2022年9月25日(日)をもって営業終了します。

新プールを建設

東京サマーランドは、屋外プールエリアの拡大を決定。2024年夏オープンに向け、新たなプールの建設に着手します。

新プールは、既存のプールにはない冒険心を掻き立てる仕様を予定。周辺の環境整備も進め、あらゆる世代が楽しめる、工夫を凝らしたエリアとして開発を予定しています。

関連記事

2機種が終了

新プールの建設に伴い、屋外遊園地のアトラクション「トルネード」と「ウェーブスウィンガー」の2機種を撤去することが決定しました。

「トルネード」はジェットコースタータイプのアトラクション、「ウェーブスウィンガー」は360度景色が楽しめる回転ブランコ型のどちらも人気アトラクションであり、1986年の屋外遊園地「スリルマウンテン」オープン以来、親しまれてきました。

営業終了に伴い、感謝の意を込め「ありがとうキャンペーン」を実施する予定です。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事