四国水族館、「アート魚拓」を展示

2022年12月13日 あとなび

四国水族館は、「東洋魚拓 拓正会 アート魚拓展」を、2022年12月3日(土)〜2023年1月9日(月)の期間、開催しています。

28点の作品を展示

アート魚拓展では、拓正会の会長 松永正津氏をはじめ、会員が手掛けた28点の作品を展示しています。

拓正会の「アート魚拓」は、会長の松永正津氏が50年以上試行錯誤した末に、水性アクリル絵具を使い魚の模様(縞や斑点)等すべてを魚体の上に描き、紙をはがした後からは目玉以外は一切の加筆修正を加えない直接法にこだわった作品です。

大きさだけを残す釣り人の「記録魚拓」から、魚の上に色をつけた「カラー魚拓」が始まり、更に構図・遠近などにこだわった美術品としての「アート魚拓」へと進化しました。

拓正会の「アート魚拓」は素早く魚の上に絵具を塗りあげ、シワの処理など伝統ある美術や確かな技術で拓し、直接法によって生まれる小ジワや色抜けなどの個性が生まれ、同じものは2枚と存在しない「一期一会」の作品となっています。

関連記事

東洋魚拓 拓正会 会長 松永正津氏プロフィール

松永正津

日本画家として活躍しながら1961年より直接法魚拓を始め、1977年東洋魚拓「拓正会」を設立。1980年元展入選、大阪知事賞・市長賞ほか受賞。1994年には中国・北京体育出版社より『彩色魚拓制作法』出版。その後、中国各地で講演会及び展示会を行い、1999年以降には京阪百貨店で「アート魚拓展松永正津の世界」を開催するなど、世界中で企画展や講演会を開催。2014年には第66回全国カレンダー展にて「魚拓カレンダー」が金賞ならびに経済産業省商務情報政策局局長賞を受賞。その他にも2019年フランスのキブロンにて「キブロン魚拓ウィーク」に作品を展示し、日本の魚拓文化を世界中に広く伝えている。

東洋魚拓 拓正会 アート魚拓展
開催期間:2022年12月3日(土)~2023年1月9日(月)
開催場所:本館棟1階 中央コリドール、本館棟2階 大水槽スロープ付近
展示数:28点
料金:無料(別途入館料が必要)

 

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-