USJ、75名の特別ショー 大阪・関西万博1000日前スペシャルパフォーマンス公演

2022年7月18日 あとなび

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、「大阪来てな!キャンペーン」キックオフイベントを、2022年7月18日(月)に開催。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスペシャルパフォーマンスが公演されました。

総勢75名のUSJパフォーマンス

グラマシーパークで開催された「大阪来てな!キャンペーン」キックオフイベント。大阪を代表するエンターテイメント施設としてユニバーサル・スタジオ・ジャパンが会場に選ばれました。

これを記念して、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのメンバーがパフォーマンスを公演しました。

ミニオン、エルモたちキャラクター12名、ダンサー、シンガー、ブラスバンド63名の計75名による豪華なパフォーマンスです。

関連記事

豪華な生演奏ショー

ステージにはウッディとウィニーが登場。

ステージ下には、クルーのコスチュームを着たブラスバンドが「ワン・モア・タイム」を演奏しました。

さらに、ピーナッツから、スヌーピー、チャーリー、ルーシー、サリー。セサミストリートからエルモ、クッキー、ゾーイ、ビッグバードが登場。

キャラクターたちはドラムの演奏にも参加。さらに演奏に合わせてゲストも手拍子で参加し、招待された2,000名のゲストと一緒に盛り上がりました。

フィナーレにはシンガーと、ミニオンからケビンとスチュアートもステージに登場。生歌も加わり、特別なパフォーマンスを繰り広げました。

ボニエ社長も登壇

パフォーマンスの後は、合同会社ユー・エス・ジェイのJ.L.ボニエ社長CEOも登壇。エルモとクッキーモンスターと一緒に、吉村知事、松井市長とトークを繰り広げました。

松井市長は成人式をユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開催したことなどに感謝を述べ、今後も協力してもらうことを確認。ボニエ社長も快諾し、2025年に向けて「超元気特区」として盛り上げていくことを語りました。

イベントでは、大阪来てな大使のコブクロ、コシノジュンコさん、渋谷凪咲さんも登壇。ボニエ社長とエルモ&クッキー、エンターテイナーたちと一緒に「大阪来てな!」の掛け声で盛り上がりました。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事