大阪・関西万博キャラクターは「ミャクミャク」ライブキャラクターがUSJに初登場

2022年7月18日 あとなび

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、大阪・関西万博の開幕1,000日前イベントを、2022年7月18日(月)に開催。公式キャラクターが初お披露目されました。

愛称は「ミャクミャク」

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのグラマシーパークでは、大阪・関西万博1,000日前を記念したセレモニーを開催。同日には、東京スカイツリーでも万博1,000日前カウントダウンイベントが開催され、村上信五さん、Aぇ!groupらが登場。

そして、岸田総理によるスピーチの模様が、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでも放映されました。岸田総理は、キャラクターの愛称について33,000以上の応募があったと公表しました。

関連記事

名前の由来

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、公募されていた大阪・関西万博の公式キャラクターの愛称が「ミャクミャク」に決定したことが発表されました。発表された瞬間、グラマシーパークはどよめきが。

今朝、選考委員会で決まったばかりという名前。人間のいのち、DNA、素晴らしさを未来に“脈々”と繋げようという気持ちが込められています。

吉村知事「私はみゃっくんと呼ぼうかと」

名前について、イベント後の囲み取材で松井市長は「可愛らしくて力強くていいんじゃない。脈々と続く、人が生きている鼓動を感じるわけだから。可愛さと強さが備わったネーミングで、非常に良く思っています」とコメントしました。

吉村知事は「いのち耀く未来社会のデザインというテーマに本当にマッチした素晴らしいネーミングだなと思います」とコメント。「“ミャクミャク”って噛みそうになるので、あだ名というか“みゃっくん”とか。本名は“ミャクミャク”ですけれど、私は“みゃっくん”と呼ぼうかなと」とあだ名を定めました。

広告

ライブキャラクター初登場

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、「ミャクミャク」のライブキャラクターが初お披露目。

特徴的な赤い顔と、青い胴体と腕。尻尾もついていて、赤い尻尾には目玉もあります。ミャクミャク自身も愛称が気に入っている様子です。

ミャクミャクは、イベント最後のフォトセッションに登場。ミニオンのケビンとスチュアートと共演。吉村知事、松井市長、若宮大臣、USJボニエ社長、大阪来てな大使のコブクロ、コシノジュンコさん、渋谷凪咲さんらと一緒にフォトセッションに参加しました。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事