カワスイ、運営会社を変更

2022年7月10日 あとなび

 

カワスイ 川崎水族館は、株式会社アイ・レジャー・エンターテインメントに2022年7月1日(金)付で事業譲渡し運営会社を変更しました。

民事再生手続を受け事業譲渡

カワスイ 川崎水族館は2020年7月の開業以来、株式会社アクア・ライブ・インベストメントが運営してきましたが、2022年3月28日(月)に民事再生手続を開始していました。

株式会社アクア・ライブ・インベストメント並びにその子会社である株式会社アクア・ライブ・ネイ
チャー及び株式会社アクア・ライブ・ギフトは、水族館事業並びに飲食事業、及び物販事業、その他の付随事業を、株式会社アイ・レジャー・エンターテインメントに事業譲渡する事で合意。2022年6月29日(水)付で東京地方裁判所の許可を得、7月1日(金)付で契約を行いました。

これにより、2022年7月1日(金)よりカワスイの運営会社が、アイ・レジャー・エンターテインメントに変更となります。

関連記事

水族館の営業は継続

長谷川利貴氏

 

カワスイは今後、アイ・レジャー・エンターテインメントの運営のもと、通常通り営業されます。購入済みの入館チケットや年間パスポート、割引チケットについても、そのまま使用できます。

アイ・レジャー・エンターテインメントは「ご来館をいただくお客さまに感動体験・楽しみ・癒し・学びを提供する水族館を目指しながら、カワスイの事業再生を迅速に目指します」として2022年6月14日(火)に設立。本社所在地はカワスイが入居する川崎ルフロン10Fとなっています。

新会社の社長は、カワスイ民事再生のスポンサー企業イグニスで子会社IGNIS AMERICA, INC.の代表を務めた長谷川利貴氏が代表取締役社長となります。

カワスイ副館長は、オープン時から継続して小川泰史氏が務めます。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事