カワスイで「Kawasui Walker」制作体験 サマースクールを開催

2022年7月3日 あとなび

カワスイ 川崎水族館は、カワスイ サマースクールを2022年8月4日(木)~6日(土)の3日間、開催します。

小学生向け夏休み・冬休みプログラム

カワスイ サマースクールは、2021年から開始したカワスイオリジナルのプログラムです。水族館について実際の体験を通して学ぶことができ、主に小学生を対象に夏休みや冬休みに開催しています。これまで「飼育員のお仕事」「メダカのふしぎ」「じゅういのお仕事」といったプログラムが開催されてきました。

今年の夏休みは、KADOKAWAとWILLERの合弁会社であるクールジャパントラベルとのコラボレーションで開催することが決定。本プログラムでは、子どもたちが編集者になり、オリジナル雑誌「Kawasui Walker(カワスイウォーカー)」を制作します。

関連記事

編集者になってKawasui Walker(カワスイウォーカー)制作

「Kawasui Walker」は、カワスイと、全国のおでかけスポット&イベント情報などを扱うWalker誌がコラボレーションして、「カワスイ サマースクール」内で制作するオリジナル雑誌です。

子供たちは、カワスイで飼育担当クルーへのインタビューをしたり、館内の写真撮影を行います。特別講師には現職のWalker誌編集者が参加し、取材の時に大切なことや、編集作業のポイントを伝えます。子供たちは編集に必要な写真撮影や、原稿を作成することで、世界に一つだけの「Kawasui Walker」を制作することができます。

参加時に着用するカワスイオリジナルTシャツや、トートバック、本プログラム内で制作した「Kawasui Walker」は、持ち帰れます。

サマースクール講師

広告

浅野目 健大

浅野目健大

カワスイスクールリーダー。前職は職業社会体験施設キッザニア東京で教育現場への営業やプログラムの企画を担当。カワスイでは、教育旅行で活用いただけるオリジナル教育プログラムや子ども向けのワークショップの企画開発を担当。学校への出前授業や教職員研修の講師も務める。

一言コメント

カワスイスクールは今回で3回目です!
今までとは一味違ったプログラムを準備しました!
カワスイの魅力が伝わる素敵な雑誌を一緒に作りましょう!

伊藤聡史

伊藤聡史

雑誌業に携わって20年。おでかけ情報誌「東京ウォーカー」、 WEBニュース「ウォーカープラス」編集部を経て、現在は「わんにゃんウォーカー」(ペット情報誌)、「ハイウェイウォーカー」(ドライブ情報誌)を担当。趣味はサイクリング。水族館では深海生物のコーナーが好きです。

広告

嶋村光世

嶋村光世

雑誌編集歴25年。地域情報誌「関西ウォーカー」を経て、「東海ウォーカー」「東京ウォーカー」編集長も務める。現在は「ラーメンウォーカー」など全国各地のMOOK編集業務を担当。趣味はBリーグ観戦。水族館ではペンギンやクラゲをボーッと見るのが好きです。

近藤智樹

近藤智樹

雑誌編集歴12年。地域情報誌「関西ウォーカー」をはじめ、「ラーメンウォーカー」や「街角ウォーカー」シリーズなどのムックで編集を担当。趣味はキャンプ。水族館ではチンアナゴ、タツノオトシゴなど、不思議な形の生物を見るのが好きです。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-,