スモールワールズ TOKYOに未来の宇宙空港が開港

2022年5月1日 あとなび

SMALL WORLDS TOKYOでは、「宇宙センター」に新発射台と新しい宇宙空港が、2022年4月29日(金・祝)に完成しました。

宇宙空港を1/80サイズで表現

新しい宇宙空港は、SMALL WORLDS TOKYOのチーフクリエイティブ・オフィサー河森正治氏の「こんな空港が将来できたら楽しい」を1/80サイズで形にした空港です。未来のロケットはレーザーエネルギーで飛び立つことをイメージして作られており、眩い光をロケットに集めてエネルギーを装填。カウントダウンや空気を引き裂くような音のもと、地響きを轟かせながら目の前で飛び立ちます。

新発射台の周辺には、気軽に宇宙旅行を楽しめる世界が表現されており、小さな住民たちの生活も楽しめます。

関連記事

新旧ロケット発車が共演

「宇宙センター」エリアでは、すでに打ち上げが行われている旧発射台が存在。1960年代のアポロ計画時代がモデルになっており、全高、総重量、ペイロード(搭載物重量)などの項目で、史上最大のロケットであるサターンⅤ型ロケットの打ち上げを鑑賞できます。この横に新発射台が完成し、新旧2つのロケットの打ち上げを見ることができます。

宇宙空港の住民を募集

新しい宇宙空港に自分のミニチュアを住まわせることができる住民権が発売されます。3Dのスキャナーで撮影して作る1/80サイズの自分を、宇宙空港の一部箇所(先着順)に設置して住まわせることができます。家族や友人と合わせて、ストーリーとポーズを決めても、一人でも、非日常の世界に自分の分身を住まわせて楽しむことができます。

また、住民になる際にメールアドレスを登録すると、住民限定のイベント案内が届きます。特別抽選会でプレゼントをゲットしたり、限定ワークショップに参加して同じスモワルの住民で楽しめるイベントが開催されます。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

-