富士急「FUJIYAMAスライダー」2022夏オープン決定 FUJIYAMAは一時休止

2022年4月13日 あとなび

富士急ハイランドの展望台「FUJIYAMAタワー」の展望デッキから一気に滑り降りる絶叫アクティビティ「FUJIYAMAスライダー」が、2022年夏にオープンします。

高さ55mから滑り降りるスライダー

「FUJIYAMAタワー」に新アクティビティ「FUJIYAMAスライダー」が、2022年夏にオープンします。「FUJIYAMAタワー」は、富士急ハイランドを代表するコースター「FUJIYAMA」から見える富士山の絶景を、コースターに乗らずにじっくり体験できる展望台として、2021年7月にオープンしました。

地上55mの展望デッキから地上まで一気に滑り降りるチューブ型スライダー「FUJIYAMAスライダー」が加わります。らせん状に滑り降りるスライダーで、総延長は約120m、40秒ほどで滑り降りる予定で、同様のスライダーはロンドンのオリンピック記念の展望塔にもあり、人気を博しています。

関連記事

延期を経て夏オープン決定

本来「FUJIYAMAタワー」と同時にオープン予定でしたが、ドイツ製機材のため輸送や技術者の来日に困難が生じたことから延期、2021年7月時点で2022年3月までのオープンを見込んでいましたが、さらに遅れ夏オープン予定となりました。

FUJIYAMA、FUJIYAMAタワーは一時休止

「FUJIYAMAスライダー」の建設に伴い、「FUJIYAMA」と「FUJIYAMAタワー」は5月16日(月)から運休します。「FUJIYAMA」は7月1日(金)まで、「FUJIYAMAタワー」は7月中旬まで休止の予定です。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事