キティも登場 サンリオの歴史を体験する「サンリオ展」東京展が開幕

2021年9月16日 あとなび

「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」が、六本木ヒルズ東京シティビューにて2021年9月17日(金)〜2022年1月10日(月・祝)の期間、開催されます。

オープニングセレモニー

サンリオ史上最多となる800点以上のキャラクター商品および貴重な原画や資料を展示する「サンリオ展」。

昨年、創業60周年を迎えた株式会社サンリオの歴史を紐解き、日本が生んだカワイイ文化の成り立ちや発展についてなど、サンリオの魅力を余すことなく体験できる展覧会です。

東京展の開幕に先駆けオープニングセレモニーが開催されました。

セレモニーには、蒼井翔太さん、増田セバスチャンさんが登場。

さらにハローキティも駆けつけました。

キティは白と黒の水玉ドレスで登場。

テープカットを行い、開幕を祝いました。

蒼井さん・増田さんが語るサンリオの思い出

蒼井翔太さんは「サンリオ展」にて音声ガイドのナビゲーター、増田セバスチャンさんはエントランス展示「Unforgettable Tower」を制作しました。

蒼井翔太さんは「しょーたん」としてサンリオピューロランドでパレードを朝昼夜3公演した思い出を「夢のよう」だったと語りました。

特別な思い出があるキャラクターとしてリトルツインスターズを挙げ、キキとララからアドバイスをもらったこと、パレードが終わった後に2人が抱きしめてくれたことを昨日のことのように覚えていると明かしました。

増田さんは地元の千葉・松戸にあった「サンリオ劇場」でサンリオと出会ったことを振り返り、それから20年以上サンリオと仕事をしています。

東京展でスケールアップ「Unforgettable Tower」

エントランス展示「Unforgettable Tower」は、4,000体のぬいぐるみを使用。

増田さんは東京会場に向けて倍以上の高さにスケールアップさせ、当日朝まで作業を行なっていたと明かしました。

サンリオのキャラクターやグッズは誰もの記憶の片隅にちょこんと存在しているものの、記憶はあやふやで、不確実なもので成り立っているということを、少し歪んだ形のタワーで表現しているそうです。

なるべくキャラクターの顔を潰さないように積み上げられたタワー。

増田さんの好きなキャラクターは、キティは別格としつつ、最近はクロミ推しだそうで、エントランス展示でも「少しエコひいきしているかも」と笑いました。

蒼井さんは「シンボルタワーは皆さんの心の中そのものだと思いました。ここからこのシンボルタワーが高く高く、皆さんと一緒に作っていく夢の具現化だと思っています」と語りました。

東京展で登場した音声ガイド

蒼井さんは東京会場から提供される音声ガイドのナビゲーターを務めています。

ただ歴史を振り返るだけでなく、キャラクターや歴史に関するクイズを組み込んだ、参加型コンテンツになっているとアピールしました。

展示や音声ガイドの制作を通して、サンリオの世界観で優しくなったという2人。

今の時代にこの気持ちになれることは大切なことだと語り合いました。

最後に、2人がコメント。

増田さん

サンリオの展覧会はサンリオの愛と歴史が詰まっています。

まずはサンリオの歴史を感じていただきながら、キャラクターをもっともっと楽しんでいただきたいです。

これまでサンリオに触れたことがない方もぜひ来ていただいて、サンリオってこういう歴史があって世界に飛び出しているんだなと感じていただきたいです。

今回の展覧会は貴重な展示物があありますし原画もありますので、ぜひ見逃さずに来ていただいて、キャラクターはこういうふうに愛されているんだなと感じていただければ。

蒼井さん

男の子も「カワイイ」ものを「カワイイ」と言っていい時代です。

その好きなものがサンリオだったらいいと思いますし、自分もカワイイをサンリオさんと共にもっともっと広げていきたいと思っています。

キャラクターの誕生からテーマパークまで展示

展覧会では、サンリオ誕生の歴史、山梨シルクセンターから貴重な資料と共に紹介。

サンリオがどのように「カワイイ」を生み出していったのか、原点から知ることができます。

キャラクターの歴史も、キティやマイメロディ、シナモロールなど人気キャラクターの初期設定資料や当時のグッズをたっぷり展示。

さらに、450以上いるサンリオキャラクターを誕生時代毎に分類することで、日本の「カワイイ」文化史を把握できる内容になっています。

そして、サンリオピューロランドやハーモニーランドについても展示。

サンリオはどのような想いでテーマパークを作り、どう実現されていったのか。

その経緯が初期企画書など貴重な資料を通じて伝えられます。

※展示内容は随時更新中

サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史
会期:2021年9月17日(金)~2022年1月10日(月・祝)
会場:東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
開館時間:10:00~20:00(最終入館19:30)
※当面、時間を短縮して営業いたします。
※情勢によりやむを得ず、営業時間に変更が生じる場合や、休業となる可能性もございます。
料金:
【平日】
一般 2,100円
高・大生 1,500円
4歳~中学生 850円
シニア(65歳以上) 1,800円
【土日祝】
一般 2,300円
高・大生 1,700円
4歳~中学生 1,050円
シニア(65歳以上) 2,000円
© 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376
※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。