ディズニークルーズライン、キャラクターと船内でクエストに挑む新アクティビティを発表

2021年8月20日 あとなび

ディズニークルーズラインの新客船「ディズニー・ウィッシュ号」では、世界初のインタラクティブアクティビティ「ディズニー・アンチャーテッド・アドベンチャー」が展開されます。

船内を巡るインタラクティブな体験

「ディズニー・アンチャーテッド・アドベンチャー」は、スマホアプリの「プレイ・ディズニーパークス」を用いた、新たなアクティビティ。

スマホを使いますが、ただのゲームではなく、家族やグループで一緒に船内を巡り、頭と体を使い、ゲストの会話を促してくれるアクティビティです。

AR技術や、船内に用意された物理的な効果を用いて、インタラクティブな体験が楽しめます。

船内に飾られた絵からカカモラが出てきたり、メニューボードではティアナの料理レッスンが行われたり、船のプロップスと連動したコンテンツです。

ゲストは1人で楽しむことも、最大6人のチームでスマホを連携させて楽しむこともできます。

ミニーに依頼されディズニー世界を救う冒険へ

はじめに、キャプテン・ミニーとミッキーが、船の運行に大切な星空について、中でも道を照らしてくれるウィッシングスターを教えてくれます。

船内では、スマホを通してディズニーやピクサーのキャラクターやアイコンのような星座が見えます。

しかし、ウィッシングスターが突然砕け、破片がそれぞれの世界に落ちてしまいます。

キャプテン・ミニーはゲストに破片を見つけ出すことを依頼し、船を冒険の地へと向かわせるのです。

モアナ、ティアナ、ティンカー・ベル、ニモとクエストにチャレンジ

ゲストは、モトゥヌイ(『モアナと伝説の海』)、ニューオーリンズ(『プリンセスと魔法のキス』)、ネバーランド(『ピーター・パン』)、シドニー(『ファインディング・ニモ』)などの世界を選び、それぞれのクエストで船内の絵やプロップスを探していきます。

モアナとはカヌーを漕いでリーフを越えたり、ティアナとはガンボを作ったり、ニモとは東オーストラリア海流にダイブしたり、そしてティンカー・ベルとはディズニー・ウィッシュ号にピクシーダストをかけたり、キャラクターと一緒にクエストをこなし、破片を見つけます。

フィナーレはヴィランと対決するインタラクティブ体験

冒険の最後には、船内のエンターテイメント会場で、フィナーレを開催。

ここでは、ゲストは他のチームと一緒に、物語の黒幕であるヴィランと戦います。

クエストをクリアして、ヴィランとの戦いに勝利して、ウィッシングスターを星空に戻すことができるのでしょうか。

「ディズニー・アンチャーテッド・アドベンチャー」は、いつどのようにプレイするかはゲストの希望に任せられ、全クエストをクリアしなくてもフィナーレに進めたり、何度もプレイして新たな発見をすることもできます。

 

ディズニー・ウィッシュ号は2022年6月9日に就航予定。

アクティビティの詳細は、追って発表されます。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。