WDW ホテル-空港バス「ディズニー・マジカル・エクスプレス」を年内で廃止

2021年1月12日 あとなび

フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは、Disney’s Magical Expressのサービスを2022年1月1日から廃止します。

2022年到着分から廃止

ウォルト・ディズニー・ワールドでは、ディズニー直営ホテル宿泊者向けに、オーランド国際空港とホテル間の無料バスサービス「ディズニー・マジカル・エクスプレス」を運行しています。

2022年1月1日の到着分から、サービスが廃止されます。

2021年中の到着分までは、従来通りのサービスです。

リゾート内のバス、モノレール、ディズニー・スカイライナーは2022年以降も継続されます。

ディズニーランド・リゾート50周年を迎えた2005年5月から運行されたディズニー・マジカル・エクスプレスが、ウォルト・ディズニー・ワールド50周年で終了することになります。

アーリー・テーマパーク・エントリーを導入

2021年後半にはウォルト・ディズニー・ワールドの50周年アニバーサリーがスタートします。

直営ホテル宿泊者が特定のパークを開園前・開園後も体験できる「エキストラ・マジックアワー」(Extra Magic Hours)は、2020年7月のパーク再開後から休止しています。

「エキストラ・マジックアワー」はこのまま休止し、2021年後半からは新たに「アーリー・テーマパーク・エントリー」(Early Theme Park Entry)が導入されます。

「アーリー・テーマパーク・エントリー」により、4つのパークどれでも開園30分前から体験できるようになります。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。