テーマパーク・遊園地
動物園・水族館
TOPIC
ABOUT

ジャパンモビリティショーで自動車メーカー・協会×キッザニア クルマに関わる様々なお仕事体験を実施

2023年11月2日 あとなび

ジャパンモビリティショーが、東京ビッグサイトにて2023年10月28日(土)~11月5日(日)の期間、開催されます。キッザニアは、「Out of KidZania in JAPAN MOBILITY SHOW」を出展します。小学1年生から6年生までを対象に、さまざまな自動車に関わる仕事の体験が行えるブースが揃います。各自動車メーカー・団体の協力により、クルマに関わる様々な職業を学べるブースを紹介します。

一般社団法人日本自動車販売協会連合会「カーディーラーの自動車整備士の仕事」

自動車整備工場を模したブースには、ジャッキアップされた車両があり、タイヤの交換や、下回りの点検を安全に行えるように手順や心構えを学ぶことができます。

関連記事

スズキ株式会社「新しいモビリティのプロデューサーの仕事」

クルマやバイクといった概念にとらわれない新たなモビリティについて、プレゼンテーションを行えるようなプロデューサーになるために、心構えや思考のプロセスを学ぶことができます。専用アプリでモビリティの色や機能性、背景を選択して世界に1台のモビリティをデザインし、発表します。

広告

株式会社SUBARU「レーシングメカニックの仕事」

ニュルブルクリンク24時間耐久レースへの挑戦など、モータースポーツ領域での活躍のイメージが強いスバル。実際のレーシングカーが備わったピットを模したブースで、レーシングメカニックとなってタイヤ交換や車両の点検を素早く行う方法を学びます。

本田技研工業株式会社「商品の研究開発の仕事」

VRゴーグルを付けて除雪機の運転を体験。感じたことを活かし、よりよいモビリティを作れるようにグループワークを行います。

広告

三菱自動車工業株式会社「カーモデラ―の仕事」

クルマのデザイン画を、粘土を使って立体的に再現するカーモデラーの仕事を体験します。手のひらサイズの長方形の粘土から自動車の形を仕上げていく体験です。

サステナブルイベント協議会「イベントデザイナーの仕事」

ジャパンモビリティショーのようなイベントで多数見られる華やかなブース。環境に配慮したイベントデザインを行うため、ミニカーを展示する車両に見立てて、サステナブルな素材を用いて小さなブースづくりを行います。

広告

プログラム参加は予約制

プログラムは1つ平日500円、土日祝日1,000円で体験が可能です。JAPAN MOBILITY SHOW 2023公式ホームページのオンラインチケットサービスからの事前予約枠、会場入場後に予約可能な当日予約枠どちらかの予約が必要です。

※記事の内容は取材時の情報です。掲載している情報が変更になっている場合があります。
関連記事

関連記事

トヨタ・日産・マツダ・ダイハツが出張キッザニア ジャパンモビリティショーで自動車の生産現場を学べるブースでお仕事体験

キッザニアがジャパンモビリティショーにお仕事体験ブース出展

シティサーキット東京ベイ 10/28プレオープン、11/23グランドオープン決定

最新記事

よみうりランド「中国新派料理 天安」丘の湯に移転リニューアルオープン

2024/07/18

「今際の国のアリス」初のイマーシブ・アトラクション 首輪に本当の電流が流れるデスゲームに参加

2024/07/17

ホテルドリームゲート舞浜、新客室「ドリームマリンルーム」オープン

2024/07/16

ハリー・ポッターQラインを探索 USJ「ホグワーツ・キャッスルウォーク」4年ぶりに復活

2024/07/15

“歴戦のバタービール飲み”加藤清史郎、USJ「ハリー・ポッター」10周年でバタービール髭の付け方を解説

2024/07/15